現在位置:
  1. asahi.com
  2. 就職・転職
  3. リーマン辞典
  4. こんがリーマン
こんがリーマン

こんがリーマン
【 kongari-man 】

《生態》季節を問わず小麦色の肌の人。連日の接待による酒焼けが、より一層こんがり度を高め、実年齢より若く見せる。お肌の曲がり角を過ぎた世代に多い。《対応》顔色の悪い病人をこんがリーマンと間違え放置するのは厳禁。

No. 020

これまでの投稿を業界別に分類した「業界編」をアップしました。左側のラインナップの下に一覧がありますので、お楽しみください

Q.こんがりな人を見ると?

Web投票

結果を見る

おれも黒くなりたい 9.5%(52人)
南国へ行きたい 23.0%(126人)
連休終わったな 25.6%(140人)
どこの国の人? 25.2%(138人)
幾らかかった? 16.6%(91人)

あなたの業界のこんがリーマン投稿はこちらから

注目!IT・通信業界(ITコンサルタント)のこんがリーマン こんがリゾートマン

定期的にやってくるコンガリーマン、それは私です。
同僚や部下がクールビスという名の合宿状態の中、さらに暑い赤道周辺のリゾート地に1週間も出掛け、食って・飲んで・寝て・遊んでをひたすら繰り返して帰ってきます。

ただし、周囲の帰省時期と少しズラして夏休暇をとっているためか、こんがりになってもなかなか気付かれません(笑)。

注目!小売・流通業界(ドラッグストア販売員)のこんがリーマン いいキャラですね

入社3年目のEくん。
連休に山登りしたとかで、日焼けで真っ赤な顔で出社したまでは良いが、
日を追うごとにヤケドがひどくなり、顔中の皮がめくれ、
もともと不自由なご面相が見るも無残な状態に。
そんな顔で店頭に立たれちゃタマランと、しばらく裏方仕事ばかりさせられてました。
「日焼け止め、塗らなかったの?」との質問には
「男だもん、そんなものがあることすら知りませんでしたよ!」
ここはドラッグストアだよ…。日焼け止めを何種類も売ってるところだよ。
今まで仕事で何をやってきたんだい。

注目!建設業界(現場監督)のこんがリーマン 潮干狩り狂時代

 上司は、この時期になると毎年、急激に黒くなります。
 工事現場かと思いきや、週に最低1回、ひどいと週4回潮干狩りに行きます。船で、沖の干潟になる所まで行って、掘りまくっています。
 さらに、自分だけさぼっている事をバクロされないために新入社員は、歴代全員つき合わされ、口止めもバッチリです。ちなみに当時私も、バケツに満杯のアサリを捕りました。

公務員業界(教育委員会事務)のこんがリーマン

 上司の話。「風邪で休む!」ぶっきらぼうな電話が一方的に切れ、本当に風邪???元々こんがりなのですが、次の日更にこんがりして出勤!しかも額に切り傷が!あれ?風邪で休んで何故?どうやらお庭の剪定をされていた様子。普段「休むな!」と偉そうに言っている手前、本当の理由が言えなかったみたい・・・
 これからは、日焼け止め塗りまくってお庭に出て下さいね〜

その他業界(学生)のこんがリーマン ドイツ人もこんがり

 メラニンの少ない白人は、いきなり焼くと皮膚癌の原因になることも。

 子供用の日焼け止めは、指数30で、2時間おきに塗る。午後の日差しの強い時間帯は日光浴禁止。長袖・防止必携、と言われています。

 かといって、日焼けしない白豚のような肌は、バカンスに行けない貧乏人の証。
 で、日焼け止めならぬ、「日焼け増進クリーム」を塗り、バカンス前から少しずつ小麦色に焼き、メラニンを増やしてバカンスに備えるのが常識。
 
 それでも、気をつけないと日焼けは肌荒れ・老化の原因になります。

公務員業界(土木建築工事)のこんがリーマン 離島の出張所!夢のよう

国内の離島です。
南の島の出張所に出張してくる方々には、《会場視察》と称して海釣りに連れて行きます。案内人は島在住の職員で、仕事および趣味の釣りで見事なこんがリーマン。本土から来て真っ青な海に舞い上がった方は、自分もこんがりになると勘違いして、真っ赤になります。
やけどに注意!

飲食業界(夜の飲み屋)のこんがリーマン ゴルフも仕事です

もうこの季節になるとうじゃうじゃいます。

連休前からゴルフが仕事のおじさん族

いつ仕事してるのかと思うほど毎週末のスケジュールはGマーク

いくら長袖でも左手の甲の白いのは隠せません。

真夏になるとビール瓶くらいになってる人も…

おまけにママさん族も真っ黒こげでファンデーション塗っても顔は真っ白首は真っ黒!夜に徘徊する人種は怖いくらいこげリーマンの集まりになってます

商社業界(ちっこい商社)のこんがリーマン お腹もこんがり

こんがりどころか真っ黒けの方をご紹介します。大型商談が絡んだ某取引に接待攻勢をかけた所、商談先の社長が『僕、海外旅行が好きなんだよなぁ〜』とアジアの国を御指名。

まじ?と、思いながらも受注欲しさに、上司に無断で「なるようになれ〜!」とネタ仕込をして何とか取引成立。で、「まあ、自分もおこぼれ頂戴しちゃおう」と、旅程を組んでいたら、名簿に商談先の社長と私の上司の名前が見事に鎮座。

商談先の社長どころか、私の上司も見事な『こんがリーマン』、いえいえ『腹黒』デシタ!!

食品業界(飲食店)のこんがリーマン あなたも羨ましい

私の住んでいる所は海のキレイな某観光地。得にこの時期、沢山の観光客で賑わいます。
雑誌やパンフにちょこちょこ載せて頂いている為か、お蔭様で来店されるお客様にも観光客の方が増えました。
ご家族連れ、社員旅行風の団体様、カップル…。
みーんな帰ったらお土産を自慢しながらこんがり話に花を咲かせるんだろうな〜と、少し羨ましくこんがリーマン予備軍を眺めながら仕事をしています。

電機業界(研究開発)のこんがリーマン 健康の証

GW明けに職場で2人のこんがリーマンに会いました。
昼休みにジョッギングしながら近づいてきたこんがリーマンは登山に行ったとのこと。年中登山している山男です。もう1人のこんがリーマンにどこか旅行へ行ったのか聞いたら、日焼け止めをしないで毎日ジョギングしていたとのこと。2人ともメタボリーマンには縁遠いです。

建設業界(設計事務所)のこんがリーマン 宴会も本業?

前の職場の営業課長。
本業の営業の成績は芳しくないのに、副業の宴会部長はいつも絶好調。
毎日定時が近くなると営業先から電話がかかってきて
「今日、直帰」
そして、翌日は二日酔いで出勤してきます。
そんな宴会部長さんの顔は、いつも酒焼けで真っ黒でした。

食品業界(量産型事務)のこんがリーマン 悲しい排ガス焼け

基本的に、三大欲求しかしない効率的な量産型事務員。
三ない運動の推進者「女ない、車ない、金ない」の量産型事務員は、愛自転車(キャノンデール)を所有し、半袖、半ズボンを合言葉に車道の路側帯を突っ走る、無法者な事務員なのです。休み明けは、車の排気ガスと紫外線で皮膚が真っ黒に汚染されいつ飛ばされるかわからないと、ある意味転勤先を楽しむ余裕がある量産型から水陸両用量産型事務に脱皮したがっているコンガリーマン。

医療業界(メディカル・クラーク)のこんがリーマン 多摩川でも焼けます

一度でいいから、南の島に行って、お肌に水着の跡を焼き付けてみたい。けど、シミになるのは困る。嗚呼、あこがれのこんがりウーマン。

教育業界(講師)のこんがリーマン ナチュラルメーク?

真っ黒に日焼けした子は元気な証拠、と幼い頃から
信じ続け、今ではファンデーションを塗っているのに
すっぴんと言われる、地黒なワタシ。

勤めていた塾では友達作り、生徒と講師の垣根を払う
ため、春先にソフトボール大会がありました。で、
若い講師は非常勤であってもかり出され、同僚達は
心身恐々としていたのですが、生徒と仲良くなれ
るし、その後も「先生、ソフトボールで日焼けしたね!」と生徒が声をかけてくれたりで、私は楽しみに
していました。

地黒もごまかせて一石二鳥。大会の後のビールが
おいしかったなぁ。

建設業界(石油プラント建設・プロジェクトクラーク)のこんがリーマン ヒゲも重要ですね

当社は中東での受注がメインの石油プラント建設会社。フィリピン、パキスタンなどアジア各国に子会社を持ち、そこから派遣されてくる従業員も社内に多い。でもこんがーり焼けて、顔もどこかしら日本人離れした日本人エンジニアーがぞろぞろ。そのコンガリぶりを褒めると更に黒くなる・・・が循環サイクルのようです。ハハハ・・・

その他業界(国際協力業界)のこんがリーマン 日焼けが仕事の証・・

熱帯地方でのプロジェクト。延々ボートで出張。日本から来た方に「日差し、本当に強いですから日焼け止め使ってください」と何度勧めても使おうとしない。本当にヤケドみたいになるよー、と心配していると一言。
「日焼けしないで帰ると、うちの会社、仕事してなかったなと思われるんですよ・・・」
ご苦労様です。でもそんなことしているとそのうちシミだらけになっちゃいますよ。

サービス業界(複合サービス)のこんがリーマン 現場とリゾートと

こんがリーマン、多数生息しています。連休や夏になると多発しますが、春先から目撃されることもあります。

…繁忙時、内勤の連中まで現場に回されての、「仕事灼け」なだけですが…。
日焼け慣れしてないので目立ちます。
ただ、まんまとそれに紛れているツワモノもいるようで…。ドコ行ったんだ、この忙しいのに。

小売・流通業界(事務員)のこんがリーマン 地白よりも幸せ?

正月明けに出社するとスキー焼け?と言われ。
お盆明けには海に行った?と言われ。
もちろん、今日も旅行に行ったの?と聞かれました。
えぇ、そうですとも。
どんだけ自宅で引きこもっていようが、旅行なんて皆無な私は『地黒』です。

電機業界(メーカー)のこんがリーマン

GW明けの本日ちらほらこんがリーマンを見かけます。
酒焼けゴルフ焼けから、嫁の実家の田植えの手伝いまで理由はさまざまですが・・・。

IT・通信業界(WEB)のこんがリーマン

今年のGWは冴えない天気でしたね。
ようやく晴れた最終日は、私は仕事で出社。
少しはこんがりしたかったものです。


こんがリーマン報告はこちら

投稿フォーム
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【リーマン辞典投稿規約】

「リーマン辞典」(以下「本コーナー」といいます)は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」といいます)が、アサヒ・コム利用者の投稿をもとに作り上げるコーナーです。投稿にあたっては、この「リーマン辞典投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックしてコメントを投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントは投稿しないものとします。当社は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナー上に表示された時点から効力を生じます。

                                 (2007.12.4実施)

リーマン辞典とは

日本経済を支えるサラリーマン。企業社会の生存競争を生き延びるため、多様な進化を遂げてきました。それぞれの生態を解明し、愛すべき姿に光を当てるのが「リーマン辞典」です。