現在位置:
  1. asahi.com
  2. 就職・転職
  3. リーマン辞典
  4. ノリノリーマン
ノリノリーマン

ノリノリーマン
【 norinori-man 】

《生態》調子良くいつもノリノリな人。どんな難題も「それいただきっ!」と対応する。希望者がいない職場を何度も引き受け、結果として同期よりも出世。アゲアゲ人生を謳歌する。《対応》「いただき!」は他人の成果を頂く場合も

No. 028

「リーマン辞典」のアクセス方法が変わりました。詳しくはこちらから。

Q.ノリノリーマン、どんなときにいてほしい?

Web投票

結果を見る

接待のカラオケ 31.8%(103人)
暑い日の外回り 7.4%(24人)
得意先に謝罪 30.9%(100人)
深夜の残業 14.5%(47人)
ここぞという合コン 15.4%(50人)

あなたの業界のノリノリーマン投稿はこちらから

教育業界(予備校講師)のノリノリーマン

どう考えても、うちの業界でしょうね。講師室ではグチっていても、教室じゃ全員りっぱなノリノリーマン。
「ここさえ気が付けばね、ほらこうやってこうやって、もう答えが出ちゃった、ホホイのホイ☆」

って、「そこ」に気が付くのがカンタンかどうかは秘密です。

そして今日も、みんなイケイケじゃ〜ん!とノラせて終了。ごめんね、みんな。

小売・流通業界(販売)のノリノリーマン 信頼ノリノリ

ノリがよくて話の通りが早くて、人当たりがいい働き者のバイトくん。
仕事に追われ、人間関係に疲れてつい愚痴る私にも、爽やかに話にのってくれ手助けに動いてくれる。
彼はきっと将来、どこでどんな職業についたとしても、立派なノリノリーマンとして皆にかわいがられ、信頼されることでしょう。

飲食業界(夜の飲み屋)のノリノリーマン ノリノリ求む

こういう人材欲しいなぁ

夕方ぼ〜として入ってきて暗く小さな声で『おはようございます』

死に神か?こっちがテンション上がっているのを打ち消すようなホステスじゃ客がつくわけがない

そうそうと立ち去れ〜

しかし妙にテンション高い客は周りと合わずうるさいだけ。

静まるれ〜この紋所が目に入らぬか〜

場をわきまえた大人だけ入室許可します

商社業界(ちっこい商社)のノリノリーマン 朝と夜だけ元気です

よくいますなぁ、ノリがよくてやたらテンションの高いお方。当社のノリ太郎は、朝一、会社のドアーを開けるなり第一声が『おっはよぅーエブリバディ!今日も元気だ、ンコがデカイ!!』

で、仕事する前からノリがいいもんで、夕方まで持つかいな?と、思ったら案の定、早くも10時ごろにはガス欠。当然、夕方まで沈んでますが夜の部は見事に再生。しかしこれがまた見事なノリかたで、得意先からはご指名を頂く人気者。

でも、不思議なことにその得意先にノリ太郎と同じようなノリ子がいるんです。得意先の部長が言ってました。『この二人がノリ過ぎると、白黒ショーだな』。たまにはノリの良さで仕事をして欲しいんだけどなぁ。

教育業界(経理)のノリノリーマン おいらに覇気をわけて

イヤイヤ出てきている月曜日に、ノリノリーマンに覇気が足りないみたいなことを言われると、余計なお世話と殴りたくなります。イヤイヤでも出てきて仕事してるんだから、放っておいてよ!!!!!

小売・流通業界(ドラッグストア)のノリノリーマン

商品部所属で、各店舗を回って売場をチェックしたり
新商品・企画商品の一括仕入れなどをを担当する
スーパーバイザーのTくん。
社内で販売コンテストがあると、毎日のように
「現在〇〇店が×個でトップ! △△店が続きます。
 他の店舗の皆さんも頑張ってください!」などと
しょうもない内容の社内メールをガンガン送ってくる。
ヘルプに入ると、自分はカウンターを動かずに
バイトをアゴでこき使い、挙句の果てには
「この店はバイトの教育がなっていない」とのメモを残す。
ウチの店のバイト君は、あなたの部下じゃないですよ。
腹が立ったので、そのメモを彼の直属上司にFAXしてやりました。
結構絞られたらしく、後日来店したときは低姿勢で
「先日は失礼しました」とペコペコ謝ってきました。
ノリノリーマンは、空回リーマンでもあり
あやまリーマンでもあるようです。

その他業界(研究所)のノリノリーマン

 誰もやりたがらないような難題にじっくり取り組むのは、ノリノリのお調子者では務まらない。

 「できますか?」と言われても、今まで誰も成功したことのない課題なら、「やってみなければ分からない」と答えることになる。
 だから、遂行計画も、予算も、最初からは立てられず、私財を擲つことになる。

 ノリノリーマンがしゃしゃり出るのは、データがほぼ出揃って、成果が出掛かったときばかりだ。
 まるで自分の発案であるかのように、成果を掻っ攫おうとして、予算を獲得しては流用し、結局、全て台無しにする。


ノリノリーマン報告はこちら

投稿フォーム
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【リーマン辞典投稿規約】

「リーマン辞典」(以下「本コーナー」といいます)は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」といいます)が、アサヒ・コム利用者の投稿をもとに作り上げるコーナーです。投稿にあたっては、この「リーマン辞典投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックしてコメントを投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントは投稿しないものとします。当社は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナー上に表示された時点から効力を生じます。

                                 (2007.12.4実施)

リーマン辞典とは

日本経済を支えるサラリーマン。企業社会の生存競争を生き延びるため、多様な進化を遂げてきました。それぞれの生態を解明し、愛すべき姿に光を当てるのが「リーマン辞典」です。