現在位置:
  1. asahi.com
  2. 就職・転職
  3. リーマン辞典
  4. 流行リーマン
ノリノリーマン

流行リーマン
【 hayari-man 】

《生態》流行(はやり)に敏感でその内容に関係無くとにかく飛びつく人。チョイ悪ファッションに身を包み、最新ゲームを2日間並び買い、月の土地を所有する。《対応》流行リーマンが、インフルエンザや食あたりに反応している時は注意

No. 029

「リーマン辞典」のアクセス方法が変わりました。詳しくはこちらから。

Q.最近の流行で「これだけは理解できない」というのはどれ?

Web投票

結果を見る

エコブーム 6.6%(84人)
ブルーレイ 2.9%(37人)
ヨン様再び 38.1%(485人)
おしゃれ長靴 16.4%(208人)
世界のナベアツ 30.1%(383人)
iPhone 5.9%(75人)

あなたの業界の流行リーマン投稿はこちらから

注目!医療業界(メディカル・クラーク )の流行リーマン エコヘア〜万歳

今年の流行は、エコ。クールビズはリーマンとしては常識。
 が、しかし、今朝、いきなりウイッグをとってご出勤の職場のヅラ歴15年の独身貴族氏の勇気あるエコな行動に皆、凍った。
 エレベーターの中で二人きりになってしまったオバ。

オバ:「髪切っちゃったんですかァ?」(ヅラ、ないっ!!!)

貴族:「暑くてね、まあはやりのクールビズ(*^_^*)ってとこです……。」

オバ:お似合いですよ。エコヘア〜〜

貴族:ちょっと流行リーマンってとこです。ハハハ……

オバ:^_^;

建設業界(ゼネコン(営業))の流行リーマン チョイ悪と超悪は1字違い

それと追加。
「チョイ悪」になろうとすると、どうしてもいきすぎて、本物の「極悪」になってしまいます。皆さん、このさじ加減を教えてください。

建設業界(ゼネコン(営業))の流行リーマン

なかなか「流行リーマン」になれない人間です。
体型的にネクタイをはずしているとどうしてもカタギにみえず、業界的にも(建設業界)そちら方面に見られがちなので、暑くてもネクタイをしています。私が「流行リーマン」なのは、メタボな部分とその「流行リーマン」を解消すべく取り組んでいる「Wii」くらいでしょうか。

IT・通信業界(企画)の流行リーマン

去年の今頃は、ポロシャツにネクタイをしていた人を見かけましたが、今年はいないですね。

小売・流通業界(派遣販売員)の流行リーマン

セールがはじまり
二週間が過ぎた(^^;

サラリーマンの皆様には、軽量かつ、涼しい、デザインも無難な、『クールビズなネクタイ』が流行です。
猛暑の中
お勤め、お疲れ様です<m(__)m>

でもね・・・
売る側の『個人的な感想』では、個性あるオシャレなネクタイを選らんで欲しいと、つぶやくのであります
(^-^;)

夏場を乗り切る様な、オシャレなサラリーマン探し・・・
『これは』最近の私の流行(はやり)であります(*^^*)

機械業界(開発)の流行リーマン

38歳独身。彼女いない歴十数年。
自分ではハイセンスだと思っているが、いまいち。
そんな彼は、流行物は何でも持っている。
「何でもすぐ買う」ので、携帯も早くから持っていたが
当時の流行った「PHS」。だから、「iPhone」には乗れなかった。
ビデオデッキもベータ、ゲーム機はSEGA,DVDはNEC。PS3買ったけど、職場じゃWii組ばっかりで話題にのれない。超やっちまったな〜の流行リーマン君。

IT・通信業界(管理職)の流行リーマン 分厚くて持てません

同期のA君(40)は後輩にまざってわいわいするのが好きな、いわゆる面倒見のいい兄貴分。30代前半の部下に「これ、はやりだから」と言ってプレゼントしたのがチョイ悪おやじの雑誌「LEON」。彼は「まだおやじじゃないのに。。。」と、影で落ち込んでいた。

その他業界(学生)の流行リーマン

 流行を追いかけるなんてダサい。

 流行は創るもの。
 自分のセンスで、ファッションでもインテリアでも、はたまた生き方でも、何でも見極めて選択する。
 羨望の眼差しにあって、人が真似したいと思うようなら、しめたものだね。

 ただ、内情は厳しいのに、やたら羨ましがられて、そのついでに、研究テーマまで横取りされるというのがどうも……。

サービス業界(イベント運営)の流行リーマン

先日、農家の父親に長靴をプレゼントしました。1,580円の白。今使っている長靴に穴が開いたので買い替えです。

それが、長靴だ!!!

マスコミ業界(出版)の流行リーマン

入社して先輩にまず言われたことは「流行を決してバカにするな」ということでした。世の中の幅広い人の心を打つものは、それだけの何かがあるということだし、そもそも「どうしてこれが今流行しているのか」を真剣に考えろ、と。

編集者の仕事って確かにそういうことだと今はわかります。ただ、流行を追うことが完全な仕事になっていて、心から楽しめないんですよねぇ。土曜日の朝に「王様のブランチ」がかかってると、仕事してるみたいな気分になるので、すぐチャンネルを変えてしまうわたしです。


流行リーマン報告はこちら

投稿フォーム
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【リーマン辞典投稿規約】

「リーマン辞典」(以下「本コーナー」といいます)は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」といいます)が、アサヒ・コム利用者の投稿をもとに作り上げるコーナーです。投稿にあたっては、この「リーマン辞典投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックしてコメントを投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントは投稿しないものとします。当社は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナー上に表示された時点から効力を生じます。

                                 (2007.12.4実施)

リーマン辞典とは

日本経済を支えるサラリーマン。企業社会の生存競争を生き延びるため、多様な進化を遂げてきました。それぞれの生態を解明し、愛すべき姿に光を当てるのが「リーマン辞典」です。