現在位置:
  1. asahi.com
  2. 就職・転職
  3. リーマン辞典
  4. 外回リーマン
外回リーマン

外回リーマン
【 sotomawari-man 】

《生態》内勤のはずなのに外回りを好み直行・直帰で一日を終える人。ただ、ニュースで号外が出た時は、意気揚々と社に戻りその紙を自慢する。《対応》外回リーマンの携帯は、なぜか留守電機能がついていない

No. 032

「リーマン辞典」のアクセス方法が変わりました。詳しくはこちらから。

Q.暑い時期の外回り、どうやって乗り切る?

Web投票

結果を見る

限界までクールビズ 13.1%(34人)
喫茶店でサボリ 32.0%(83人)
ビール楽しみに我慢 25.1%(65人)
電話かメールで済ます 12.4%(32人)
回り先を密かに減らす 17.4%(45人)

あなたの業界の外回リーマン投稿はこちらから

注目!小売・流通業界(営業マン)の外回リーマン ありがとう環状線

当社の外回りーマンたちは暑い時期は基本的に都内を円形に動いて涼を求めています。そして皆さん必ず昼食はそばをたべています。山手線をぐるぐる回りながらお客様からの電話を涼しいくなる間で待ち伏せするのが彼らの営業スタイルとなっています

注目!商社業界(ちっこい商社)の外回リーマン 充電も必要ですね

外回り(アウトセールス)を羨ましく思ってる貴方、実は外回りは大変なんですよ。夏は汗をかきかき動きまわり、夜討ち朝駆けなんて当たり前。ひどい時は昼飯にもありつけない有様で、そんな時の息抜き喫茶は、そりゃ天国状態ですね。

だから、直帰と称して飲み屋さんに行くのもたまには許してあげて下さいね、マダムリリアンさん♪

その他業界(M&A営業)の外回リーマン

当社には外回りが本業のくせに、思いっきり内勤の如く内に居っぱなしの奴がいますよ。

外部の誰と連絡とっているのか知りませんが、
自席で頻繁に携帯使ってメールしまくってますし、
時折目をやれば大体居眠りしてますね。

いい歳して恥ずかしい…というより、厚顔無恥さ振りに脱帽!

更に、こいつ結構な『猫かぶリーマン』でもあって、
自分に厳しい相手の前ではいかにも「僕仕事してますっ!」って感じで急に電話し始めたり。

席に居座るのも結構だけど、あんた人望なくすよ。
少なくとも、周りはいざと言う時あんたに協力しないでしょうねぇ。

マスコミ業界(広告)の外回リーマン

私は外回り好きではありません。けれど外回りをしたほうがいい仕事ゆえ頑張ってまわります。毎回買物することを楽しみに。お金も減るしよくありません。どうすれば買物ナシでも回れるようになるんだろう。

飲食業界(夜の飲み屋)の外回リーマン

報告。先月のトータルで当店の外回リーマンは忙しいし暑いから夏バテなんですといいつつ左手の甲だけくっきり白いのをマダムは見逃しません。外回りて平日のゴルフですか?この暑い時にご苦労様です。これも仕事のうちと自身に言い聞かせ会社の金でゴルフの外回り三昧。おまけにアフターゴルフはまたまた会社の金で夜回り三昧。こんな人がまだまだいるんです。ただ私もお商売だから大きな声で批判はしませんが…外回りていいなぁ

医療業界(メディカル・クラーク)の外回リーマン

交代勤務のオバの業界。夜勤明けに行く、場末の名画座に出没していた外回リーマン。場内が明るくなるとなぜか平日の午前中なのに背広姿のリーマンだらけ。閉館した後は皆さんどこに行ったのでしょう?シネコンはやはり料金が高いのでしょうか?
 最近、たまにジムで見かける外回リーマン。真昼間、筋トレしてひと泳ぎしてサウナに入って夕方会社に戻るようなんですが、バレないのかなぁ〜。石鹸の香はヤバイかも……

建設業界(現場監督)の外回リーマン

 うちの会社の購買部長が外回りーマンですねー。工事業者と事務所で金額交渉をするのが仕事なのに、工事部長の兼任という理由を付けてよく外回りをします。

 この間も、見覚えのあるH社の車が、工事現場の目の前を通過していきました。って言うか、ホントに車で回っているだけで、工事現場内に入ってこない!
 会社と自宅の中間にある現場でよく出没します。そして、夕方前に事務所に戻り、忙しかった〜と言って、書類を山のように貯めたまま帰っていきます。うらやましい限りです。

その他業界(学生)の外回リーマン

 欧州では、喫茶店やレストランも、電車やバスも冷房が入っていないことの方が多い。(観光地のホテルも、古い建物には冷房が無い!)

 であるからして、外回りのサボリーマンにも逃げ場が無い。

 で、猛暑だとスーパーに飛び込んで冷蔵庫の前にへばりついて涼む。

 いや、もう一つ穴場がある。
 大学などのコンピューターセンターは、人間のためではなく、機械のために冷房を入れている。
 安下宿から逃げ出して早朝から籠もる学生がいるのにも訳あり……??

 で、なぜか、大学関係者のカードがないと入れないはずなのに、乳幼児連れのママさん学生はおろか、老人学生(?)までいたりする。

飲食業界(夜の飲み屋)の外回リーマン

丁稚どん様ありがたいお言葉!飲み屋に直行なら大歓迎ですが仕事もせずに直帰でシャワーあびて湯上がりにビールを手酌での方々。気持ちはわかりますがその時間汗水かいて本気で仕事してる人もいるんですよ。そりゃあ全ては結果を出せばいいことですが努力しない人は必ずどこかでつまずきます。『金がないなら智恵を出せ、智恵がないなら汗を出せ』何もしない外回りリーマンは給料もらう価値無し!ついでにホステスにはもてません

自動車業界(部品製造・販売)の外回リーマン

外回りというか、他事業所への出張と銘打って飲み歩く上司がいます。
そこの事業所の人は普段被害を受けていないのでおそらくホイホイとついていくのでしょう・・・。
社内の人間は殆ど相手にしないため、飲み友達を探して出張するウチの上司って・・・。
しかもお昼のお寿司代は「会議費」として経費で処理。
先日は、「やべ〜な〜」とかなんとか言いながら私に処理を命じてきた領収書の金額はなんと8万。
しかも接待等でなく顔見知りのグループ会社の若手と3人で。

小売・流通業界(周辺)の外回リーマン

得意先には忙しい、暑いしなどと言って理由を付け、さっさと喫茶店に、、、内勤の人が可哀相に思う今日この頃、、

飲食業界(夜の飲み屋)の外回リーマン

喫茶で一服ならふつうですがパチンコ店へ行きたまたま隣に座った人妻から援助交際を持ち掛けられホテル直行するやつら、はたまたゴルフの練習場で上着ぬぎすて汗かきながら打ちっぱなししてるメンバーも見かけます。外回りていつ仕事してるの?て聞きたいです。これで給料もボーナスも出るんだからうらやましいかぎり。経営者のみなさん電話とメールで仕事は終わりのサボリーマンに給料払うのはやめましょう


外回リーマン報告はこちら

投稿フォーム
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【リーマン辞典投稿規約】

「リーマン辞典」(以下「本コーナー」といいます)は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」といいます)が、アサヒ・コム利用者の投稿をもとに作り上げるコーナーです。投稿にあたっては、この「リーマン辞典投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックしてコメントを投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントは投稿しないものとします。当社は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナー上に表示された時点から効力を生じます。

                                 (2007.12.4実施)

リーマン辞典とは

日本経済を支えるサラリーマン。企業社会の生存競争を生き延びるため、多様な進化を遂げてきました。それぞれの生態を解明し、愛すべき姿に光を当てるのが「リーマン辞典」です。