現在位置:
  1. asahi.com
  2. 就職・転職
  3. リーマン辞典
  4. 忘年会(用語集)

忘年会
【 bounen kai 】

年末に1年を振り返り、嫌なことを忘れ、新しい年に向けて気持ちを新たにする行事。関連用語に「無礼講」があるが、注意が必要。

※用語集は、リーマン辞典の番外編。リーマン用語をもとに、お題を「用例」として提示。回答をお待ちしています。随時更新。

世界に誇れる?忘年会で見た究極の宴会芸

これまでの投稿を業界別に分類した「業界編」をアップしました。左側のラインナップの下に一覧がありますので、お楽しみください

Q.忘年会。正直言うとあなたは?

Web投票

結果を見る

実は昼から楽しみ 12.6%(228人)
まあ恒例だし行く 35.0%(631人)
行かないと怒られる 11.5%(208人)
他の参加者次第 19.2%(347人)
行かない 21.6%(390人)

あなたの業界の究極の宴会芸投稿はこちらから

注目!小売・流通業界(流通)の究極の宴会芸 バブルはステキ

若い頃、バブル時代でした。
得意先が忘年会だと言って、六本木のクラブに連れて行ってくれました。キラキラしたミニスカート姿の外国人たちが踊るショーがあり、チップを渡すと隣に座ってくれるシステムです。当然チップも相手持ちです。かなりの美人。スカートから伸びる長い脚。いい香り。すっかりいい気分になった頃、ニューハーフだと知らされました。
そりゃ、芸じゃなくて、ゲイだろうって。
いやあ、いい時代でした。

注目!建設業界(設計)の究極の宴会芸 打ち首じゃ

私の忘年会での経験から出た一句は、
”無礼講 ホントしたら 無礼者”です。
お酒の力でも許せない物は許せないって事で...
多分無礼講なのは上司側だけなのでしょうね...

マスコミ業界(事務)の究極の宴会芸

今日も一杯というわけには、いかないのです。
烏龍茶で付き合っています。

建設業界(ディベロッパー)の究極の宴会芸 R15指定

ある所に、盛り上がると、全裸になって踊る男がいました。それはそれは熱い男で、まさに身を捨てた芸でした。ところが、1時間、2時間たって、宴もたけなわという頃、空気を察して何人かが消えていきます。見たくもないし、まして、見られたくもない。そう、場が盛り上がると、彼は周囲も裸にしてしまう。そうとは知らずに参加した最初の忘年会で、生けにえにされました。まあ、酔っていたので、脱がし易いようにはしていましたよ。そこで断ったら、小さいヤツと言われかねませんから。でも、「記念に」と後日配られた写真をいまだに見ることができません。青春の日のすっぱい思い出です。

マスコミ業界(出版)の究極の宴会芸 これが私の生きる道

20代の後輩。カラオケの終盤に登場するや、選曲が
「マイウェイ」や「オンリーユー」。
それも、DefTechやBOOWYではなく、フランク・シナトラやエルヴィス・プレスリーが歌っていた往年の名曲の方(笑)
新鮮さと、参加者全員に握手してまわるというディナーショーのようなネタが受け、定番になっています。
最近はその影響でみんな「外した」選曲ばかり。80年代のアイドルとかばっか歌ってるなぁ

IT・通信業界(外資系)の究極の宴会芸 本部長、怒ってはなりませぬ

忘年会と言えばホテルの宴会場で立食パーティーとなりまして、途中で必ず本部長クラスの上司たちがステージ上に呼ばれて、下位の社員が喜ぶ芸を披露してもらいます。テーマは司会者が決めて、上司たちは断れません。フラフープを回しながら妖しい動きをしてもらったりとなりますが、上司たちも芸達者な人が多く盛り上がります。あの腰使いは仕事中の姿からは想像つきませんでした(笑)。

その他業界(芸能界)の究極の宴会芸 アイドルがビデオ持ち逃げ?

30年ほど昔、某アイドル歌手の仕事をしていた時のビンゴ大会で、当時はまだまだ世間に普及していなかったビデオカメラが当たりました。賞品はTV局の番組で歌手がゲットした物なので(まあこの事自体はよくある話だと思いますが)現物は到着後、と当時言われ待っていたのですが、結局1年経っても私の手元にビデオは届かず、そのうちにその歌手の仕事を止めました。それが原因で止めた訳ではありませんが、その歌手が「懐かしの○○特番」等に出てきて必ず歌う当時のヒット曲を耳にすると、あのビデオはどうなったんだろう、と今でもふと思い出してしまいます。

食品業界(輸入業)の究極の宴会芸

この時期絶対に中国の工場に買付出張に行かされます。他のオランダやアメリカへ海外出張へ出てる人間は帰ってきているのに。だからここ3年忘年会には出れていません。リーマン忘年会を忘れつつあります。12月28日の帰国まで中国の青空を見上げてがんばります。

その他業界(内緒)の究極の宴会芸

君は今どうしていますか。
3次会でふらふらになってカラオケボックスに行きました。テーブルを部屋の隅にどけると、そこがステージ。「転がり続ける 俺の生き様を〜」と転がり回り、グラスを投げつけ「窓ガラス壊して回った」と絶叫していましたね。「盗んだバイクで走り出す」と叫んで、出て行ってしまいましたが、もう、本当の自分にたどりつけましたか。
で、それを聴いて以来、私はそれまで十八番だった「I LOVE YOU」を封印しました。

マスコミ業界(新聞)の究極の宴会芸 うるわしの肌襦袢

個室を貸し切って催された社内の忘年会で、
後輩が梅沢富美男の「夢芝居」の曲にあわせて、
色っぽく着物を一重、二重と脱ぎ捨てていく芸に
女性陣も大喝采。
オンステージの終盤は、着ている物はほとんどなくて、全裸に近い状態に。
そして彼は最後、そのままの格好で個室を飛び出して
着替えの置いてあるトイレまで、廊下をダッシュ!

きっと、ほかの宴会のお客さんや仲居さんたちを
驚かせてしまったことでしょう。すいません。

でも、私が見た中では、
これが究極の宴会芸でした!

食品業界(食肉卸・販売)の究極の宴会芸

宴会ではあまり使わない手法ですが、カラオケで
みんなが幾らか(だいたい100円〜1000円の賭け金)
を出しあって、賞金として取り合いをします。
自分の歌を採点モードで採点してもらうのですが、
歌う前に自分の獲得点を予想し申告、この申告点と
熱唱後の獲得点がビンゴであればみんなの賭け金が
総取り出来ます。結構、簡単に当たりそうですが
歌う人のその日の体調やそのカラオケ機材のメーカー・
機種によって採点が甘い・辛いがある為、難しいです。

IT・通信業界(SE)の究極の宴会芸 1人ピーナッツって、どう

先輩の十八番は振り付きのピンクレディーメドレー。入社以来十数年、外したことがない芸です。
10年くらい前までは、参加者やお店の中に一緒に踊れる女性が必ずいましたが、最近は踊れる人が減り、ほぼ毎回1人ピンクレディー状態に。盛り上がるのですが、心なしか先輩、寂しそうです…。

マスコミ業界(新聞)の究極の宴会芸

全然究極じゃありませんが・・。
以前いた部署のトップは「コイン総取り」が大のお気に入り。
全員が100円玉を出して、隣の人とジャンケン。買った方が総取りで、負けた人は失格。最後の1人が残るまでじゃんけんを続けます。参加人数が多ければ、優勝者が獲得する額は結構なものですが、じゃんけんなので、当然ながらほとんどの人はあっさり負けてしまいます。
でも、毎回毎回それをやりたがるのは何でだったんだろう?

マスコミ業界(出版)の究極の宴会芸

 よくあるビンゴでした。iMac、液晶テレビ、DVDレコーダーなどの豪華賞品があらかた出てしまって、だらけ出した頃、「最後の当たり賞品」が発表されました。
 それは「今まで出た賞品の中から1つを選び、その賞品が当たった人とジャンケンをして勝てば奪うことができる」というものでした。
 それが発表になったとたん、それまでホクホク顔だった当選者からは悲鳴が。特にiMacを当てたAさんは、iMacが入った大きな梱包を抱えて、会場から逃げ出してしまいました。
 宴会芸ではないけれど、その逃げっぷりが未だに忘れられません。その後のじゃんけんがどうなったかはすっかり忘れてしまいましたが。


究極の宴会芸報告はこちら

投稿フォーム
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【リーマン辞典投稿規約】

「リーマン辞典」(以下「本コーナー」といいます)は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」といいます)が、アサヒ・コム利用者の投稿をもとに作り上げるコーナーです。投稿にあたっては、この「リーマン辞典投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックしてコメントを投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントは投稿しないものとします。当社は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナー上に表示された時点から効力を生じます。

                                 (2007.12.4実施)

リーマン辞典とは

日本経済を支えるサラリーマン。企業社会の生存競争を生き延びるため、多様な進化を遂げてきました。それぞれの生態を解明し、愛すべき姿に光を当てるのが「リーマン辞典」です。