現在位置 : asahi.com > 関西 > イベント > 朝日ベストテン映画祭ここから本文エリア

朝日ベストテン映画祭

 「2007朝日ベストテン映画祭」が2月5日から大阪・中之島のリサイタルホールで始まる。昨年11月までの1年間に公開された作品を対象に、審査委員が選んだ日本映画、外国映画の優秀作各10本の中から6本を上映する。5日午後7時から、日本映画1位「ゆれる」の西川美和監督、外国映画1位「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」のポン・ジュノ監督を迎え同ホールで授賞式が開かれる。6日の1回目と2回目の上映ではポン・ジュノ監督の舞台あいさつもある。

「ゆれる」  日本映画1位 5日上映

 地方で家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔と、東京でカメラマンとして成功した弟の猛。母の一周忌で帰郷した猛は、兄に誘われて幼なじみの智恵子と渓谷に遊びに行く。稔は智恵子に思いを寄せているが、智恵子の心は猛に移っていく。そんなとき、稔とつり橋を渡っていた智恵子が転落死してしまう。事故なのか事件なのか。裁判が進むにつれて、信頼していたはずの兄弟関係が揺れ始める。

写真
「ゆれる」の一場面

「グエムル 漢江の怪物」  外国映画1位 6日上映

 ソウルを流れる漢江に突然現れた怪物が、休日を楽しんでいた人たちを襲い、河川敷で売店を営む家族の娘をさらっていく。娘からは携帯電話で父に「助けて」という通話が入る。だが、韓国政府は救出に動かず、怪物からのウイルス感染を恐れて河川敷にいた人たちを強制的に隔離し、在韓米軍は化学兵器の使用準備を始める。一家はそんな政府に頼らず怪物から娘を取り戻す闘いを開始する。

写真
「グエムル 漢江の怪物」の一場面

「紙屋悦子の青春」  日本映画2位 7日上映

 太平洋戦争末期、日本の敗色濃い45年春の鹿児島が舞台。兄夫婦の家に身を寄せる悦子は、海軍航空隊の明石少尉に恋心を抱いている。だが、兄の持ってきた縁談の相手は明石の同僚の永与少尉だった。明石は永与を連れて悦子を訪ねてくる。その数日後、明石は特攻として飛び立っていく。戦争の理不尽さを描いてきた黒木和雄監督は、この映画を完成させた後、昨年4月12日に亡くなった。

写真
「紙屋悦子の青春」一場面

「クラッシュ」  外国映画2位 8日上映

 人種差別主義者の白人警官、裕福な黒人の夫婦、ペルシャ人の雑貨店主……。ロサンゼルスを舞台に、多様な人種と階層の人々が抱える愛憎、喜び、悲しみを、複数のエピソードを交差させながら描き出したポール・ハギスの映画監督デビュー作。様々な境遇の人間が持つ複雑な感情が交錯し衝突したときに生まれる悲劇と、その先にあるものを問いかけて、昨年度のアカデミー作品賞を受賞した。

写真
「クラッシュ」一場面

「父親たちの星条旗」  外国映画3位 9日上映

 太平洋戦争末期、日米両軍が激突した硫黄島の戦い。数日で占領できると考えていた米軍は日本軍の迎撃で苦戦を強いられ多数の犠牲者を出す。そんな中、島に星条旗を掲げた6人の米兵は「英雄」と称賛され、うち3人は本土に連れ戻されて戦費調達のキャンペーンに利用される。同僚が次々と犠牲となるなか、英雄を演じる3人の苦悩を通して、戦争のむなしさと戦場の無残さが描かれる。

写真
「父親たちの星条旗」の一場面
(C)2006Warner Bros.Entertainment Inc.and DreamWorks L .L .C.

「時をかける少女」  日本映画3位 10日上映

 筒井康隆の青春SF小説をもとにしたアニメ映画。主人公は明るく積極的な女子高校生の真琴。ある日、自転車で踏切事故に遭った瞬間に時間を超える「タイムリープ」を体験して、自分の特殊な能力を知る。食べ損ねたプリンを前日に戻って食べたり、カラオケルームで時間延長をせずに何曲も歌い続けたり、自分に都合よくタイムリープを繰り返す真琴だが、やがて大切なことに気付く。

写真
「時をかける少女」の一場面
(C)「時をかける少女」製作委員会2006

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり
広告終わり
朝日ベストテン映画祭
 ◇上映日時 2月5日(月)〜10日(土)の各日(1)午前10時(2)午後1時(3)4時(4)7時。各回入れ替え制。

 ◇会場 大阪・中之島のリサイタルホール(06・6203・7027)。地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口すぐ、京阪・地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅下車7番出口西へ約5分、フェスティバルホール地下

 ◇入場料 前売り千円、当日1200円。前売りは電子チケットぴあで発売

 主催 朝日新聞社 朝日放送
 後援 国連協会関西本部
●日本映画上位10作
(1)ゆれる
(2)紙屋悦子の青春
(3)時をかける少女
(4)フラガール
(5)ストロベリーショートケイクス
(6)博士の愛した数式
(7)蟻の兵隊
(8)花よりもなほ
(9)雪に願うこと
(10)かもめ食堂
次点 シムソンズ
●外国映画上位10作
(1)グエムル 漢江(ハンガン)の怪物
(2)クラッシュ
(3)父親たちの星条旗
(4)クライング・フィスト
(5)ブロークバック・マウンテン
(6)麦の穂をゆらす風
(7)ココシリ
(8)マッチポイント
(9)グッドナイト&グッドラック
(10)キング・コング
次点 2番目のキス

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.