現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. こころ
  4. 語る人
  5. 記事

弱さの中ではたらく力 神父・本田哲郎さん

2008年4月4日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真ほんだ・てつろう 42年生まれ。上智大を経て、ローマ法王庁立聖書研究所を卒業。83〜89年、フランシスコ会日本管区の管区長。釜ケ崎の2畳一間のアパートで暮らす

 家のない野宿者が集まる町、大阪・釜ケ崎で、本田哲郎神父(65)は19年間、彼らを支援している。元祖「ワーキングプア」とも言える人たちは、しかし、施されるだけの存在ではなく、「力は弱さの中にあってはたらく」ことを教えてくれたという。本田神父は何を見たのか。

■釜ヶ崎で己の考えを打ち砕かれた

 ――子どものころからクリスチャンですか。

 私は台湾で生まれ、敗戦で両親の故郷・奄美大島に引き揚げ、そこで育ちました。当時、島民の2割はクリスチャン。私はクリスチャンの4代目。その中で、いつもクリスチャンらしく、良い人にならなければと考えていました。人の顔色ばかり見る「よい子症候群」です。

 聖書研究所で働くことになった時も、フランシスコ会日本管区の管区長に選ばれた時も、誇りでいっぱいでした。その一方、自分を偽り、他人を偽り、神を偽る、私自身の姿に気づいてもいた。これではいけないと必死に祈ってみたものです。

――釜ケ崎との出会いは。

 管区長になってすぐ、釜ケ崎を視察で訪れました。当時の釜ケ崎は今よりずっと、しんどい所でした。町は悪臭を放ち、髪がぼうぼうに伸びた野宿者たち。内心びくびくしながら夜回りに参加し、毛布を配ると、一人の野宿者が「兄ちゃん、すまんな、おおきに」と笑ってくれました。

 いつもの自分と違う。何か身が軽い。どうしても忘れられず、次に東京の山谷で3日間、日雇い労働をしてみたのです。

 東北出身の労働者と一緒に、どろどろの土をスコップで放り上げる作業をしました。私はろくに作業ができなかったのに、彼は、監督がくれた封筒の一つを「おまえの分」と渡してくれた。帰りの電車で、他の乗客に泥がつかないよう気をつかう彼を見て、痛みを知る、貧しく小さくされた人が、どれほど思いやりを持っているかを知りました。

 ――89年から釜ケ崎で暮らし始めたのですね。

 管区長を退いた後、志願して釜ケ崎の福祉施設「ふるさとの家」で働くようになり、自分の考えを打ち砕かれるような体験を何度もしました。

 夜回りをすると、いつもつっけんどんな野宿者がいました。善意でしているのに、なぜだろう。他の野宿者に聞くと、当たり前だ、ただで物をもらってうれしい人などいない、というのです。「そうだったな。私は野宿したことないし」と言うと、「本田さんが野宿しても、私らが楽になるわけじゃないよ」。

 相手の立場に立って、ということをよく言われます。しかし人はしょせん、他人の立場に立つことはできないのだというのが、私が19年間、釜ケ崎で暮らしてわかったことです。

 ――それでは、どんな支援をしたらいいんでしょう。

 相手の立場に立っているつもりの善意の押しつけが、実は相手の尊厳を傷つけ、差別や偏見の元になることがあるのです。でも、かかわりをあきらめるのではなく、相手より下に立つ心構えが必要です。

 野宿者は自活できる仕事を求めているのにそれがない。炊き出しをし、毛布を配る時は「こんなことしかしてあげられなくて、ごめんね。望んでいるのは、こんなことじゃないんだよね」と思いながらします。

■人の痛み 放っとけない心が大切

 ――ほかに、どんな会話をしましたか。

 ある労働者が、死んだ友人にお供えをしたいが、自分の朝食代だけはとっておきたいと、500円玉の両替を頼んできたこともありました。その500円が彼の全財産であるにもかかわらず、です。弱き人々の中にあってこそ、力は十分に発揮される。これもまた、私が釜ケ崎で学んだことの一つです。

 人間にとって大切なのは、良い人になることでも、立派な大人になることでもなく、人の痛みを放っておけない心を持つこと。これもまた、私がこの年齢になってわかったことです。

 ――独自の解釈で聖書の翻訳をされていますね。

 ブッシュ米大統領をはじめ、先進国の指導者の多くはクリスチャンです。世界中で経済格差が拡大し、イラクでの戦乱が泥沼化するなどの問題は、キリスト教文化に一定の責任があると思う。だからこそ、弱者の視点で書かれた聖書を、釜ケ崎の視点で翻訳し直しているのです。

 例えば「ルカによる福音書」に「貧しい人は幸いである」とありますが、貧しくて家がない人は幸せなんでしょうか。「貧しい人は、神からの力がある」というのが私の訳です。(田中京子)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内