現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西フォトギャラリー
  4. 関西スライドショー
  5. 記事

いま子どもたちは ナナメの関係 スライドショー

2011年2月28日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録


 「池中」こと、池田市立池田中学校は大阪の北部のベッドタウンにある。公立中には様々な生活環境で育った子どもが集い、教師のモノサシだけで対応できないことも増えた。そこで、池中は学校を地域に開放。「ご近所力」に頼ろうと、周辺住民らを巻き込んだプロジェクトを4年前に立ち上げた。現在、約300人が登録し、地域住民がかかわる。

 地域の力を学校へ。教師と生徒の「タテ」、友達同士の「ヨコ」でもない、「ナナメの関係」。生徒、住民、卒業生の視点で「ナナメの関係」をのぞいた。(撮影・竹花徹朗)

※写真をクリックすると、音声つきスライドショーが見られます。

写真

「学校の日常」編:生徒と先生の関係作りが「ナナメの関係」を支える土台になっている。

写真

「卒業生」編:プロ格闘家として夢を追いかける、池中卒業生の皇治(S.F.Kキックボクシングジム)。

写真

「地域とつながる」編:「畑のおばちゃん」こと橋本桂子さん(69)。校内の畑に日々、通学中。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介