現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. スポーツ
  4. スポーツニュース
  5. 記事

さらばトルネードの英雄、野茂投手引退(1/7ページ)

2008年7月18日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真米国の野球ファンを驚かせた野茂英雄投手のトルネード投法=97年、AP ※写真をクリックすると拡大します 写真 ※写真をクリックすると拡大します 写真 ※写真をクリックすると拡大します

 多くの日本選手が大リーグで活躍する先駆者的な役割を果たし、日米通算201勝を挙げた野茂英雄投手(39)が17日、現役引退を表明した。

 野茂投手は今季、ロイヤルズとマイナー契約を結び、4月5日に3季ぶりにメジャーへ昇格。千日ぶりのマウンドに上がるなど3試合に登板したが、球威の衰えは目立ち、同20日に戦力外通告を受けていた。本人は現在、米国にいるという。

 野茂投手は89年、新日鉄堺からドラフト1位で近鉄(現オリックス)に入団。「トルネード(竜巻)」と名付けられた独特の投球動作から繰り出される直球とフォークボールを武器に、4年連続で最多勝と奪三振王に輝くなど通算78勝46敗1セーブを挙げた。

 95年、国内で激しい反発もあった中、ドジャースに入団。村上雅則投手(64、65年ジャイアンツ)に次ぐ2人目の日本選手大リーガーになると、オールスター戦で先発し、新人王と奪三振王を獲得するなど、いきなり活躍。「ノモマニア」と呼ばれる熱狂的なファンを生み、前年のストライキで失われかけた大リーグ人気を取り戻す救世主にもなった。メジャーでは計7球団に所属し、通算123勝109敗。96年と01年、ナショナル、アメリカン両リーグで無安打無得点試合をマークする史上4人目の快挙を達成した。

 また、出身の社会人野球で休廃部が続くことに危機感を抱き、03年に「NOMOベースボールクラブ」を立ち上げ、野球を続けられる環境づくりにも貢献。日米通算200勝を達成した05年度には朝日スポーツ賞を受賞した。

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

次ページ

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内