現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. スポーツ
  4. スポーツニュース
  5. 記事

女子プロ野球スタート 迫力プレーで観客わかす

2010年4月24日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真初勝利を決め喜ぶ兵庫スイングスマイリーズの選手たち=23日夜、京都市右京区のわかさスタジアム京都、竹花徹朗撮影

 日本では59年ぶりとなる女子プロ野球のリーグ戦が23日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で開幕した。京都アストドリームスと兵庫スイングスマイリーズの対戦に、主催者発表で約2300人の観客が詰めかけた。

 午後6時の試合開始と同時に、女子選手の威勢のいいかけ声が球場に響きわたった。ヘッドスライディングやジャンピングキャッチなど、迫力あるプレーも相次ぎ、観客はメガホンや太鼓を打ち鳴らして声援を送った。

 京都の大倉三佳主将(24)は「ここからがスタート。女子ならではのしなやかな野球を見てもらいたい」。開幕戦は8―0で兵庫が勝った。同リーグは京都と兵庫の2球団で10月までに40試合を戦う。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内