現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. スポーツ
  4. スポーツニュース
  5. 記事

さらばオグシオ、潮田も三洋電機を退社

2010年5月1日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真「オグシオ」最後の試合となった全日本総合選手権で優勝し、メダルを手にする潮田玲子(右)、小椋久美子組=08年11月、川村直子撮影

 「オグシオ」ペアの一人として人気を集めたバドミントンの潮田玲子選手(26)が30日付で三洋電機を退社した。三洋は「会社の顔として残ってほしい」と慰留したが、本人の意志が固かったという。小椋久美子選手(26)も3月三洋を退社。企業CMに出演するなど三洋の象徴的存在だったオグシオが姿を消す。

 2人は2002年の同期入社で、全日本5連覇など実力・人気両面でバドミントン界を引っ張った。三洋が07〜08年、社員だったオグシオをCMに起用するとビデオカメラ「ザクティ」の販売台数が目標比2割増に。「これほど三洋に貢献してくれた選手はいなかった」(広報)という。

 潮田選手は昨年4月から契約選手となり、拠点を大阪から混合ダブルスのパートナー、池田信太郎選手(29)がいる東京に移していた。池田選手所属の日本ユニシスへの移籍が内定しているという。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内