現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. スポーツ
  4. スポーツニュース
  5. 記事

ガンバ、高槻市議に無料券 寄付禁止抵触の指摘受け回収

2011年6月21日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 ガンバ大阪が6月中旬、大阪府高槻市の市議(定数36)のほぼ全員に試合の観戦チケットを贈っていたことが20日、わかった。ガンバ側は、団体から政治家個人への寄付を禁じた政治資金規正法に抵触する恐れがあると市議会事務局から指摘を受け、20日にチケットを回収した。同市はガンバ大阪を応援する「ホームタウン」の一つ。

 議員に配られたのは、26日に万博記念競技場で市民7千人を無料招待して開催されるガンバ大阪とサンフレッチェ広島の試合。議員のチケットはガンバ大阪が招待枠として確保していたプラチナシートと呼ばれるメーンスタンドの指定席で、一般には1席年間10万円で販売されている。

 ガンバ大阪は市議全員に招待状を送付したが、チケットを同封し忘れたケースもあったという。招待状を受け取った市議が、政治資金規正法に違反するのではないかと市選挙管理委員会に問い合わせたことで問題が発覚した。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介