現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. スポーツ
  4. スポーツニュース
  5. 記事

伏見工ラグビー部員、練習中に倒れ死亡 熱中症の可能性

2011年9月12日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 10日午後0時20分ごろ、京都市立伏見工業高(伏見区)の3年生で、ラグビー部員の新居隼人さん(18)が練習中に倒れたと、同校から119番通報があった。新居さんは搬送先の病院で死亡した。京都府警によると、熱中症の可能性があるという。

 京都地方気象台によると、10日の京都市の最高気温は34.5度で、平年より4度ほど高かった。

 伏見署によると、練習は午前9時ごろに開始。新居さんは午後0時20分ごろ、グラウンド内で300メートルのダッシュをする練習をしていた時にふらつき始めたという。同校によると、約80人が練習に参加、顧問やコーチら5人が指導していた。道越隆夫校長は「体調管理に落ち度はなかったと思う。本当に残念だ」と話した。同校ラグビー部は、全国高校ラグビー大会で優勝4回を誇る強豪。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介