現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. スポーツ
  4. スポーツニュース
  5. 記事

サッカー元日本代表主将・宮本が引退へ

2011年12月19日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:2006年ドイツW杯のクロアチア戦で、相手選手とボールを奪い合う宮本(右)拡大2006年ドイツW杯のクロアチア戦で、相手選手とボールを奪い合う宮本(右)

 サッカーの元日本代表主将で、J1神戸のDF宮本恒靖(34)が19日、現役を引退することが分かった。この日、午後に神戸市内で会見する。

 宮本は1995年に18歳でガ大阪でデビューし、守備の要として2005年のリーグ初優勝に貢献した。06年シーズン終了後にザルツブルク(オーストリア)に移籍し、09年から神戸でプレーしていた。J1通算337試合に出場。ワールドカップ(W杯)では、史上初のベスト16に進出した02年日韓大会、06年ドイツ大会と、2大会連続で日本代表の主将を務めた。国際Aマッチは、通算71試合3得点。

 プロ生活のかたわらで同志社大に通い卒業。DFとしては小柄な身長176センチながら、抜群の統率力や判断力、位置取りのうまさなどの頭脳的なプレーで人気を集めた。02年W杯直前に鼻の骨を折ったが黒いフェースガードを着用して出場。「バットマン」とも呼ばれ、有名になった。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介