現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. スポーツ
  4. スポーツニュース
  5. 記事

ガンバ大阪スタジアム受け入れ、吹田市議会が承認

2011年12月27日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 吹田市議会は26日、サッカーJ1のガンバ大阪が同市の万博記念公園内に建設を計画しているサッカー専用の新スタジアムを受け入れる関連議案を本会議で全会一致で承認した。

 3万2千人以上収容の新スタジアムは、ガ大阪側がスポンサーなどからの寄付で約110億円の建設資金を調達し、建設後に吹田市に寄付する。土地は、同市が万博記念機構から借りる。2014年3月の完成を目指す。同市はスタジアムを管理運営する指定管理者にガ大阪を指定、ガ大阪は土地の賃料と同額を市側に支払い、将来予想される大規模修繕費を負担する。

 08年に持ち上がった建設計画がようやく大きく前進し、ガ大阪の金森喜久男社長は「井上市長に対する感謝の気持ちとともに、本当にほっとしている」と話した。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介