現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西のスポーツ
  4. 陵介日記
  5. 記事

2年前のリベンジ

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 世界選手権が中国・上海で開幕した。初出場だった2年前は、直前に当時の世界最速記録を出したが、高速水着を巡る騒動で世界新と認められず、大会も200メートルは2位に終わった。

 「日本水泳連盟は日本新として公認していたので、日本記録の方が世界記録より速い状態になっていた。それを正常な状態に戻せるのは自分しかいない。そういうプレッシャーがありました。注目も集まっていたし、金メダルを取らないといけないって、自分で追い込んでいたんです」

 今回は「追い風」が吹いた。

 「(北島)康介さんが日本代表に戻ってきてくれた。絶対的な『キング』がいてくれるから、僕の精神的な負担はかなり軽くなりました。康介さんは、そこにいるだけで周りの気持ちを引き締めてくれる。世界一の選手がいてくれるから、心強いんです」

 上海での目標は、得意の200メートルで優勝し、強化中の100メートルでもメダルを獲得することだ。

 「勝てばその種目のロンドン五輪代表に内定できるけど、そんなことは考えない。目の前のレースで、最高のパフォーマンスをすること。その気持ちだけでがんばってきます」(競泳男子背泳ぎ日本代表・入江陵介)

プロフィール

入江陵介さん写真

入江 陵介(いりえ・りょうすけ)

 1990年1月24日、大阪市天王寺区出身。近大4年、イトマンSS所属。日本選手権で200メートル背泳ぎを4連覇中。昨年8月のパンパシフィック選手権同種目は3位。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介