現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 響紀行
  5. 記事

響紀行

私たちの濃密ワーク ミツバチ(和歌山県)(1/3ページ)

2010年5月22日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

【動画】和歌山のミツバチ

写真ミカンの蜜を求めて飛ぶミツバチ(超広角マクロレンズ使用)=和歌山県田辺市写真ミツバチが乱舞する中、ハチミツを採取。撮影中に頭や足を数カ所、刺された=和歌山県田辺市写真かえる橋地図   

 5月なかば。白み始めた空の下、ミツバチたちが巣箱の入り口から次々と飛び立った。ミカンの花々をめざして、およそ2キロ四方まで飛んでいく。巣箱のまわりは、低い機械音のような数十万匹の羽音で満たされた。

 約150戸が養蜂にたずさわる「養蜂王国」の和歌山県。みなべ町の山本承弘(つぐひろ)さん(62)は、養蜂の仕事にたずさわって半世紀になる。山あいなど8カ所に計260個の巣箱を置く。

 1箱には約3万匹のミツバチ。1匹の女王バチと、数%の雄バチをのぞけば、大半は雌の働きバチだ。

 働きバチは、花と巣箱を1日25往復ほどする。ほかに、巣箱の掃除、幼虫の世話、門番など、30〜90日の寿命の間、女王バチのために必死に働く。「けなげな姿を見ていると、本当に頭が下がる」と山本さん。一方の雄バチは交尾以外「のうのうと暮らしている」。だが、交尾できるのは一部だけで、その後は力尽きて死ぬのだそうだ。

 今月13日早朝、山本さんは今年初めて、ミツバチたちが集めてきた蜜を巣箱から取り出した。巣板を遠心分離器にかけると、下からトロリとしたハチミツが出てきた。指ですくってなめると、少しの酸味とさわやかな甘さが口のなかに広がった。

 ミツバチが採ってきた当初はもっと水っぽいという。濃密さの秘密は、別の音にあった。

■甘さのヒミツ 羽ばたきにあり

 「夜、箱がうなるんや」

 山本承弘(つぐひろ)さんはそう教えてくれた。働きバチが羽をいっせいにはばたかせ、巣箱の中の温度を一定に保つのだ。それで蜜の水分が蒸発し、初めは十数度だった糖度が、70〜80度にまで上がるという。

 巣箱に耳を近づけると、振動音が伝わってきた。気温や湿度が高く、蜜が多いほど、羽ばたき音は大きくなるという。山本さんは「今年は天候不順のせいか、ミカンの花に勢いがない。ハチも働きようがないなあ」とため息をついた。

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3

次ページ

ABC発 NEWSゆう+ 響

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介