現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 響紀行
  5. 記事

響紀行

波のごとく 歌のごとく 三千院の声明(京都)(1/3ページ)

2010年6月5日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

【動画】大原の声明

写真宸殿(しんでん)の中を僧侶たちが天台声明を唱えながら回る=京都市左京区写真コケの緑が美しい三千院の境内。石彫家・杉村孝さん作の「わらべ地蔵」が、かすかに聞こえる声明に耳を傾けているよう=京都市左京区写真実光院では声明に使う「編鐘(へんしょう)」を鳴らすことができる=京都市左京区大原勝林院町地図   

 雅楽の調べに風の音も消えた。紫の衣の僧侶が1人ずつ、足音もなく堂内に入って来る。

 緑につつまれた京都・大原の三千院。年に1度、5月30日に開かれる「御懺法講(おせんぼうこう)」の2日前、リハーサルにあたる「総習礼(そうしゅらい)」が開かれていた。

 御懺法講は1157年に後白河法皇が始めた。何度か中断されたものの、1979年に復興した。「懺法(せんぼう)は自らの罪をざんげすること。むさぼり・怒り・愚痴の『三毒』を除き、心を清らかにして往生を願います」。三千院の辻山堯英(ぎょうえい)総務課長(36)はいう。

 そこで僧侶は、「声明(しょうみょう)」と呼ばれる独特の節をつけた教典を唱える。「調声」と呼ばれる導師に続き、8人の僧侶が声をあわせて唱え、繰り返す。三千院の天台宗のほかにも、真言宗などさまざまな宗派にある。

 大原は天台宗の声明の聖地だ。平安時代後期、僧侶、良忍(りょうにん)がここに住み、声明を集大成した。専門道場が設けられた「来迎院(らいごういん)」もある。三千院をはさむように流れる呂川(りょせん)と律川(りつせん)の名は、「ろれつが回らない」という言い方のもとにもなった声明の音階「呂律(りょりつ)」にちなむ。

 総習礼は、本番と同じように2時間近く続く。僧侶たちの低い声がひとつになり、波のようにうねった。まるで歌のようだ。似た曲を、どこかで聞いたような気がする。

■わたしの祈り 届きますように

 「これを聞いて下さい」

 大谷大学名誉教授の岩田宗一さん(76)が、天台声明(しょうみょう)と、能楽「羽衣」、そして平家琵琶の一節を録音したテープを再生してくれた。ゆったりした単調な旋律が似ている。

 「声明は日本の音楽の源流の一つ。能の謡も平家琵琶の音楽も、声明から曲の構成法を採り入れたといわれています」

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3

次ページ

ABC発 NEWSゆう+ 響

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介