現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. ますます勝手に関西遺産
  5. 記事

ますます勝手に関西遺産

【福娘】年の初めに 福むすべ

2012年1月12日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ベリーダンス用の扇でアピールする福娘。ほかにも替え歌や物まねが飛び出し、お披露目の舞台はさながら演芸大会=大阪市中央区、池田良撮影拡大ベリーダンス用の扇でアピールする福娘。ほかにも替え歌や物まねが飛び出し、お披露目の舞台はさながら演芸大会=大阪市中央区、池田良撮影

写真:今宮戎神社の福娘に選ばれた女性たち=29日午後、大阪市中央区、池田良撮影拡大今宮戎神社の福娘に選ばれた女性たち=29日午後、大阪市中央区、池田良撮影

イラスト:絵・グレゴリ青山拡大絵・グレゴリ青山

写真:新野新さん拡大新野新さん

 お見合いの釣り書きでまばゆく光る関西最強の肩書がある。えべっさん(戎神社)の福娘だ。

 「商売繁盛で笹(ササ)もってこい」の掛け声がにぎやかな十日戎(1月9〜11日)の間だけ巫女(みこ)を務め、お参りの人の笹にお札や福俵、宝船といった縁起物を結わえる。戎様に代わって参拝者にご神徳を授ける彼女たちは、商売の神様のお眼鏡に叶(かな)った存在。商いが盛んな土地で良縁の相手として喜ばれてきた。

 もともと十日戎は関西独自の行事で、福娘も関西ならでは。各地にある戎神社で一般から募った福娘が活躍している。その元祖は今宮戎神社(大阪市浪速区)だ。今年の50人がちょうど60期に当たる。

 江戸期以降、十日戎を長く彩ってきたのは、商家の旦那の代理として宝恵駕籠(ほえかご)で神社にお参りする大阪・ミナミの芸者衆だった。しかし花街が陰り、駕籠が出せない事態に陥る。「新たなえべっさんの華」としてひねり出されたのが福娘だ。

 1953年、神社を敬う人のつてで5人を選んだのが最初。一般公募が始まった55年、10人の枠に21人が手を挙げた。77年から福娘の発表会がテレビ番組として放映されると、応募者が急増。ピーク時は約6千人が選考に臨み、倍率は100倍を超えた。今年は2984人から一般枠40人と留学生枠10人が選ばれた。

 その一人、大阪大2年の谷口菜月さん(20)は2度目の挑戦。高校時代から憧れていたテレビ局のアナウンサーには、今宮戎の元福娘が多い。あやかりたくて挑んだが、1度目は最終選考で落ちた。再挑戦では場を和ませようと心がけ、自己PRの言葉を練った。

 「中学の頃から納豆を食べています。納豆が糸を引くように細く長くねばり強く頑張ります」。審査員の笑いを誘い、振り袖の上に羽織る白い装束「千早(ちはや)」と烏帽子(えぼし)を着ける資格を得た。神様に仕える証しだ。

 十日戎が終われば福娘はお役ご免。でもせっかくの縁が切れるのは惜しいと2000年にOG会ができた。会長は相撲の高砂部屋のおかみ、長岡恵生(めぐみ)さん(48)。84年に福娘を務めた。夫である高砂親方(元大関朝潮)とのお見合い話が舞い込んだのも、福娘として出演したテレビ番組がきっかけだった。

 「福娘は美人コンテストじゃないんです」と長岡さん。験担ぎに来る参拝者とのわずかなやりとりで「良い年になりそう」という気分に浸ってもらうのが役目。「だから美しさより、周りの人を幸せにする雰囲気をまとっていることが大事」

 OGには笑顔がすてきでウイットに富んだ女性が多く、最近は東京でも「縁談のお相手に福娘を紹介して」との声が増えているとか。

 お見合い最強伝説はさらに広がりつつある。(桝井政則)

    ◇

 今宮戎神社の福娘 資格は18〜23歳の未婚女性。書類審査と3度の面接審査で選ばれる。水着審査はない。OGのアナウンサーに朝日放送の橋詰優子さん、塚本麻里衣さん、毎日放送の松井愛さん、上田悦子さん、フリーの進藤晶子さんがいる。

    ◇

■推薦

放送作家 新野新さん(76)

関西の女の子を映す鏡

 福娘の審査委員を30年以上務めてますが、みんなきれいになりました。いや別に昔の人が不細工やったわけやなく、今の子は化粧が上手で自分の見せ方を知ってる。それに昔は発表会の司会をする桂三枝さんにつっこまれるとタジタジやったのに、今は巧みにボケたり、逆につっこんだり。普通の娘さんばかりやのに驚かされます。福娘は関西の平均的な女の子の姿を映す時代の鏡やと思います。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介