現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 交通・旅ニュース
  5. 記事

関空―ソウル毎日1便新設 10月からアシアナ航空

2008年8月25日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 10月26日から、関西空港とソウル近郊の金浦空港を結ぶ定期便が毎日1便運航される。日韓両政府の航空交渉の合意を受け、韓国のアシアナ航空が25日、発表した。金浦は国内線が主体だが、シャトルバスでソウル中心部まで約1時間。同社が関空から週21便運航する国際線中心の仁川空港よりも、中心部への到着が約30分短縮される。

 関空発着のソウル便は、01年3月に開港した仁川にすべて移っていた。関空―金浦線の就航は7年ぶり。仁川便は減らない。ダイヤは関空発が正午、金浦発が午前9時。同社の営業担当者は「アクセスの良さを宣伝し、日韓両国からのビジネス利用の増加に期待したい」と話している。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内