現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 交通・旅ニュース
  5. 記事

国際電車落書き団、列島縦断13件 「有名になりたい」(1/2ページ)

2008年11月14日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真ダリボラ・スピシアク被告らが落書きしたとされる大阪市営地下鉄新大阪駅の車両=同市提供
※写真をクリックすると拡大します 表   
※表をクリックすると拡大します

 大阪府内で9月以降、電車への落書きが相次いだ事件で、器物損壊罪などで起訴されたスロバキア国籍のダリボラ・スピシアク(26)とハンガリー国籍のタカチ・ビクター(26)の両被告が、起訴された2件を含め、国内で計13件の落書きをしたと述べていることが府警への取材でわかった。同様の被害は全国でも起きており、府警は裏づけが取れた数件について追送検する方針。

 捜査関係者によると、両被告は「世界各国で落書きを繰り返した」「日本の電車には落書きがなく、目立つと思った。日本人にアピールし、有名になりたかった」とも供述しているという。府警は日本を狙った「国際落書き団」の一つとみて調べている。

 起訴状などによると、両被告は9月4日未明と同日深夜、大阪市営地下鉄の新大阪駅構内(大阪市淀川区)と、同市営地下鉄の八尾車庫(大阪府八尾市)で電車に落書きしたとされる。描かれた変形文字の「SERC」や「RCLSPK」は、肉が焼ける「ジュー」という音のハンガリー語とチーム名という。

 両被告は10月10日、別の外国籍の男=逃走中=と一緒に大阪市西成区の簡易宿舎にいるところを発見された。部屋からはスプレー缶約30本と落書きを特集した外国雑誌、ビデオカメラ、デジタルカメラが押収された。ビデオには、金閣寺など全国の名所を観光する様子が映っていたという。

 捜査関係者によると、両被告は9月2日、観光目的の名目で関西空港から入国。東京や京阪神、広島、福岡などを行き来しながら落書きの様子をビデオに撮り、国際郵便で母国に送っていた。「DVDにして売るつもりだった」と述べているという。

 スピシアク被告は、母国で画家の卵として活動。タカチ被告は大学生だった。逃走中の1人も東欧の男で、「ヒップホップパーティーなどで知り合った」と供述。これまでロシアや英国、チェコ、ポーランドなどを巡り、落書きを重ねていたという。(太田泉生、池尻和生)

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内