現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 交通・旅ニュース
  5. 記事

レア車両に「撮り鉄」殺到、線路内で撮影 電車立ち往生

2010年2月15日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真和風車両「あすか」=JR西日本提供地図   

 14日午前10時35分ごろ、JR大和路線の河内堅上(かわちかたかみ=大阪府柏原市)―三郷(さんごう=奈良県三郷町)間の線路内にカメラを持った人が侵入していると、回送電車の運転士からJR西日本新大阪総合指令所に連絡があった。

 駅員らが駆けつけると、約50人が線路脇に三脚を置くなどしてカメラを構え、3人が線路内に入っていた。JR西日本によると、臨時団体列車として走った同社所有の和風車両「あすか」の撮影が目当てだったとみられる。

 線路外に出るのを拒む人もいたため、府警柏原署のパトカーが出動する騒ぎにもなった。このため、加茂発天王寺行き快速電車(6両編成、乗客約500人)が現場近くで約30分間立ち往生した。

 さらに午前11時20分ごろにも、約2キロ西に離れた柏原市の河内堅上―高井田(たかいだ)間で、カメラを持った人が線路内に入っているのを、JR難波発奈良行きの普通電車(6両編成、乗客約200人)の運転士が見つけ、約10分間運転を見合わせた。

 これらの影響で上下7本が運休、12本が一部運休したほか、26本が最大約40分遅れ、約1万3千人に影響した。

 JR西日本によると、午前11時半ごろ、新大阪から奈良や京都をめぐる団体列車として「あすか」が現地付近を運行。車内は畳敷きの和室で、臨時のお座敷列車として利用され、年に数回しか走らないため人気があるという。現場は山沿いにトンネルとカーブが続き、鉄道マニアが撮影スポットに選んだらしい。

 線路内への立ち入りは鉄道営業法で禁じられており、列車が止まった場合は刑法の往来危険罪が適用されることもある。JR西日本は「危険なので絶対にやめてほしい」と訴えている。(柳谷政人)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内