現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 交通・旅ニュース
  5. 記事

阪急京都線に「観光特急」 内装「京風」に改装 来春

2010年11月20日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 阪急電鉄は、阪急京都線(梅田―河原町間)で来春、「観光特急」を走らせることを決めた。毎週土日や祝日に運行し、当面は1日1往復する予定という。停車駅は十三、淡路、桂、烏丸の4駅で、従来の特急列車よりも3駅少ない。

 同社によると、観光特急は6両1編成で、内装を「京風」に改装するほか、親しみやすい愛称や専用のヘッドマークを導入することも検討している。また、梅田―嵐山を直通で結ぶ観光列車も計画。阪神間の旅行者だけでなく、関西空港や大阪(伊丹)空港を利用する外国人旅行者の利用にも期待を寄せている。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介