現在位置:
  1. asahi.com
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 交通・旅ニュース
  5. 記事

絶景ポイント 発車オーライ JR大阪駅連絡橋

2011年4月11日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:利用が始まった橋上駅舎=11日午前、大阪市北区、筋野健太撮影拡大利用が始まった橋上駅舎=11日午前、大阪市北区、筋野健太撮影

 JR大阪駅で、ホームをまたいで南北の駅ビルを結ぶ連絡橋と、ホームに直結した橋上の駅舎が完成し、11日から通行できるようになった。壁はガラス張りで、約6メートルの高さから列車を見下ろすことができる。新たな待ち合わせ場所としても人気を集めそうだ。

 連絡橋は長さ86メートル、幅12メートル。大丸のある駅南側のサウスゲートビル(旧アクティ大阪)と、JR大阪三越伊勢丹などが入る駅北側のノースゲートビルをつなぐ。ノースゲートビルが5月4日にオープンすると、1874(明治7)年の開業以来、5代目となる新生・大阪駅が完成する。

 連絡橋と接続する橋上の駅舎には、自動改札が10カ所ある。JR西日本は、同駅の1日の乗降客85万人のうち、10万人が利用するとみている。同駅の「発車表示板」はこれまで3色表示のLEDだったが、橋上駅舎では、見やすい全色表示の表示板も21台登場した。

 阪急電車に毎日乗り換えるという大阪府柏原市の大学4年瓜生(うりゅう)卓也さん(22)は「期待以上に明るくて広々。人混みがなく通学が楽しくなります」と話した。(小河雅臣)

 

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介