現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 交通・旅ニュース
  5. 記事

赤は太陽、黄色は日差し 新・伊勢志摩ライナーお披露目

2012年8月4日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:近畿日本鉄道がリニューアルした23000系「伊勢志摩ライナー」=3日、大阪市天王寺区の大阪上本町駅拡大近畿日本鉄道がリニューアルした23000系「伊勢志摩ライナー」=3日、大阪市天王寺区の大阪上本町駅

 近畿日本鉄道は3日、リニューアルした23000系「伊勢志摩ライナー」の試乗会を開いた。1994年の導入以来初めて外観や内装を一新し、快適な電車の旅をPR。来年催される伊勢神宮最大の祭り「式年遷宮」に向けて、観光需要の掘り起こしをねらう。

 従来の伊勢志摩ライナー6両(1両6編成)を来年7月までに約12億円かけて順次リニューアルする。外観は伊勢志摩の太陽と日差しを表現する赤と黄が基調。シートのコンセントやトイレの温水洗浄便座を新設。内装を木目調にかえ、シートもはり替えた。4日から運行を始める。

 試乗会に家族4人で参加した大阪府東大阪市の中学1年生、高山涼さん(13)は「斬新な外観で今までの伊勢志摩ライナーとひと味違う。これからもいっぱい乗りたい」と話した。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介