現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 関西
  3. 関西の交通・旅
  4. 交通・旅ニュース
  5. 記事

7メートルのヒマワリ、大輪咲かす こつこつ育て26年

2012年8月13日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:巨大ヒマワリと山薗さん=大阪府貝塚市拡大巨大ヒマワリと山薗さん=大阪府貝塚市

 大阪府貝塚市馬場の山中に、高さ約7メートルのヒマワリ4本が大輪を咲かせている。2〜3メートルで「巨大」とされるが、それをはるかに超すノッポヒマワリだ。

 農業を営む山薗僖大(やまぞのよしひろ)さん(70)が畑に趣味で育て始めて26年。毎夏、その年に最も高くなった花の種を植えるのを繰り返し、こつこつ育ててきた。

 8メートルを超せば、ギネスブックへの申請を考えている。今年はかなわなかったが「来年こそ『金メダル』をとりたい」。8月末に種を収穫し、また挑む。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介