メニューを飛ばして本文へ
特別展「対決−巨匠たちの日本美術」作品 ここから本文

雪舟等楊×雪村周継

京都から離れ、西国に活躍の場を見出した雪舟は、後に中国へ渡り、水墨画の本質を体得した。鋭く力強い筆線から生まれる静謐な画境には、挫折と試練を経た強い自我が込められている。一方雪村は、東国各地を遍歴し、独学で自らの絵画世界を完成させた。朗らかで柔らかい筆致は、あくなき旅と思索が養ったおだやかな遊び心を映し出す。室町時代の2人の画僧の強烈な個性が響き合っている。

秋冬山水図(国宝・部分)
雪舟等楊
2幅 室町時代・15世紀末〜16世紀初 東京国立博物館蔵 [後期]

風涛図(重要文化財・部分)
雪村周継
1幅 室町時代・16世紀 京都・野村美術館蔵 [後期]



asahicomトップへ 特別展「対決−巨匠たちの日本美術」
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission