メニューを飛ばして本文へ
特別展「対決−巨匠たちの日本美術」作品 ここから本文

野々村仁清×尾形乾山

名匠・仁清は華やかな作陶を行い、王朝趣味に満ちた典雅な色絵で京洛をとりこにした。尾形光琳の弟である乾山は、上層町衆としての学識と美意識が潜む器を生み出した。江戸中期の京焼に新たな世界が開かれる。

色絵吉野山図茶壺(重要文化財)
野々村仁清
1口 江戸時代・17世紀 福岡市美術館蔵

色絵紅葉図透彫反鉢
尾形乾山
1口 江戸時代・18世紀 個人蔵


asahicomトップへ 特別展「対決−巨匠たちの日本美術」
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission