メニューを飛ばして本文へ
特別展「対決−巨匠たちの日本美術」作品 ここから本文

円空×木喰

諸国を行脚しながら鉈彫りによる造仏を行った円空と、やはり各地で仏像を作りながら全国を踏破した木喰。江戸中期に現れた2人の僧は、地方の民のために仏を彫り続けた。

善財童子立像
円空
 江戸時代・17世紀 埼玉・谷下自治会蔵

葬頭河婆像
木喰
 江戸時代・文化元年(1804年) 新潟・十王堂蔵


asahicomトップへ 特別展「対決−巨匠たちの日本美術」
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission