メニューを飛ばして本文へ
特別展「対決−巨匠たちの日本美術」作品 ここから本文

池大雅×与謝蕪村

京都の町人の子として生まれ、中国明清時代の絵画を慕った池大雅は、文人画という新しい絵画の在り方を実践した。明るくおおらかな画風を形成、一世を風靡する。大坂の郊外に農民の子として生まれた与謝蕪村は、江戸に出て俳人として成長したが、中国最新の絵画傾向にも惹かれ、詩情溢れる画風で個性を発揮する。両者は「日本文人画の祖」として後世の画家たちに大きな影響を与えた。

十便帖のうち釣便図(国宝・部分)
池大雅
1帖 江戸時代・明和8年(1771) 神奈川・川端康成記念会蔵

十宜帖のうち宜暁図(国宝・部分)
与謝蕪村
1帖 江戸時代・明和8年(1771) 神奈川・川端康成記念会蔵



asahicomトップへ 特別展「対決−巨匠たちの日本美術」
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission