現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグッズ

足楽ちん 外反母趾も予防 「らくじき」ネットで人気

2007年09月11日

 歩行の疲れを軽くして、外反母趾(ぼし)など足の病気になりにくい靴の中敷きを、津市西丸之内、中敷き開発業「フクワ」社長加藤孝和さん(50)が開発した。04年12月に特許を取得。靴を買う客の悩みをヒントに「中敷き一つで、歩きやすい靴に」と2年がかりで商品化にこぎつけた。医療関係者の助言も採り入れて工夫を重ね、全国から注文が届くようになったという。

写真

特許の中敷きを靴に入れる加藤孝和さん=津市西丸之内で

◇脱・外反母趾 ネットで人気

 特許は靴用中敷きと、中敷きが敷き込まれた靴の2点。「楽ちんに歩けるように」との意味を込めて商品名は「らくじき」と名付けた。裏の中央と両側面に四つの突起があり、ゴム素材でクッション性がある。足を縦横から挟み込むように保護。かかとを固定し、つま先方向へのずれを防ぐことで、指先に余裕を作る。

 加藤さんは学生時代、アルバイト先の靴屋で店長を任され、そのまま就職。25歳で独立し、高級靴や「足にやさしい靴」を意識して置くようになった。95年には、個々人の足に合った靴合わせの専門家「シューフィッター」の資格も取った。

 客には外反母趾や巻きづめ、指の関節が曲がったままのハンマートウの人が意外に多く、靴選びに悩んでいた。「足の病気は大半が靴の影響」と加藤さん。デザイン重視で、合わない靴を履き続けるからだという。

 中敷きの商品化は楽ではなかった。05年に試作品ができたが、「売れる保証がない」と製造してくれる工場探しに苦労。2年かけて東京の工場との契約にこぎつけた。

 試作品は、愛知県の整形外科医や名古屋市立大学病院医師らの意見を採り入れて改良を重ねた。同大学病院リハビリテーション部の和田郁雄部長は「中敷きの縦と横のアーチが、外反母趾の予防や進行に非常に有効」と話す。同大学に通院する患者にも、何人か利用してもらっているという。

 口コミなどで広がり、インターネットで全国から注文も入るようになった。いま、1カ月あたりの売り上げは約300足だが「目標は1000足」と期待を膨らませる。

 「最初から自分に合う靴はない。この中敷きが、歩きやすさをサポートする道具になればうれしい」

 加藤さんは今、防臭抗菌効果があって汗を素早く吸収して乾く素材の中敷きを開発中といい、10月中に商品化の見込みだ。

 「らくじき」は男性用1750円、女性用1575円。問い合わせは同社(059・226・7336)へ。木曜は休み。

PR情報

このページのトップに戻る