現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

伊賀忍者、セカンドライフに進出 仕掛けもたっぷり

2008年01月29日

 インターネット上で自分の分身を操る仮想空間「セカンドライフ」に、伊賀忍者の体験型テーマパークが登場する。仮想現実の世界で忍者気分に浸ってもらい、次は忍者の里・伊賀に足を運んでもらおうという伊賀上野観光協会の試みだ。2月7日正午、オープンする。

写真

伊賀の忍者もセカンドライフに

 セカンドライフは、欧米を中心に人気が広がっている3次元の仮想都市。アバターと呼ばれる分身を作り、様々な都市を行き来しながら他の「住民」と会話ができる。仮想通貨と本物の通貨を互いに換金できる特徴もあり、経済活動の場としても注目を集めている。日本語版は昨年7月に公開された。

 完成した伊賀忍者のテーマパークは、上野公園内の伊賀流忍者博物館をモデルに制作した。ただ忍者屋敷の規模は本物より大きく、実際にある、回転する戸の裏に身を隠せる「どんでん返し」だけでなく、つり天井など現実にはない仕掛けもたっぷりある。

 分身はもちろん忍者衣装姿。秘伝の忍術が書かれた巻物を見つけると、その忍術を身につけることができ、場面に応じて術を使うテレビゲームのような趣向だ。

 東京のコンピューター・グラフィックス(CG)制作会社が伊賀流忍者博物館などに足を運んで見学。今後は3年計画で、伊賀上野の城下町の町並みや伊賀上野城を再現していくという。

 伊賀上野観光協会の担当者は「忍者になりきってもらうことで忍者への親しみは増すはずで、本当の伊賀にも行ってみようか、という気持ちになってもらえれば」と観光客の引き寄せ効果に期待を寄せる。

 現実に企画中の観光イベントを、セカンドライフ内で実施して反応を見るなど実験的な試みも可能になり、「様々な可能性を秘めたコンテンツ。街づくりなどにも生かしていければ」としている。

 伊賀忍者のテーマパークは伊賀上野観光協会のホームページから入れるようにする。問い合わせは同観光協会(0595・26・7788)へ。

PR情報

このページのトップに戻る