現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグルメ

「究極の田植え」お誘い 日本一おいしい米「龍の瞳」

2008年05月24日

 「究極の米づくり」の田植えを体験しませんか――。昨年12月に「日本一おいしい米」に選ばれた米の品種「龍(りゅう)の瞳」の発見者で、岐阜県下呂市萩原町に住む元農水省職員で農業の今井隆さん(52)が、26日に予定している田植えを一緒に体験し、手伝ってくれる人を募っている。

写真

見学会の参加者に「龍の瞳」について説明する今井隆さん=06年8月19日、下呂市萩原町宮田

写真

02年に収穫された「龍の瞳」の種もみ。今井隆さんの夢がぎっしり詰まっている=05年12月18日、下呂市萩原町宮田の今井さん宅

 「究極の米づくり」と今井さんが呼ぶのには訳がある。

 そもそも、00年に今井さんが発見したコシヒカリの突然変異の新品種「龍の瞳」は、複数の食味コンクールで入賞し、「日本一」に輝いた。今年はその原種を完全無農薬で栽培したうえで、刈り取りを通常より1カ月近く遅らせて「完熟米」になるのを待って収穫するという、まさに「究極」への挑戦だ。

 龍の瞳は粒が大きく、粘りがあり、甘いことで消費者にも知られ始めているが、完熟まで待てば、養分を吸ってより大粒になり、うまさも増すという。

 魚などの天然肥料の土は、通常の田んぼよりもヌルヌル感がかなり増し、入っただけで違いがわかるらしい。「究極の米に挑む喜びも、大変さもたくさんの人に知ってもらいたい。米作りにもっと関心を持っていただきたい」と今井さんは話している。

 田植えは萩原町宮田地区内の田んぼで午前10時〜午後3時。参加費は昼食付きで1人500円。経験がなくても「本気で参加してくださるなら大歓迎。何人でもいい」と今井さん。1時間の田植えで秋には収穫米1キロ(2千円相当)が贈られる。申し込みは24日までに今井さん(080・3626・2790)へ。(中沢一議)

あなたの口コミ募集中!

教えて下さい。おすすめランチの店
首都圏にあるランチを食べられる店を教えて下さい。たとえば、6人以上が1つのテーブルなど一堂に会することができる▽野菜たっぷりのランチがある▽有機素材の使用など、安全・健康を考えたランチがある▽時間がないとき、すばやく食べられるランチがある、といった店。投稿をもとに編集部が取材します。抽選でアサヒ・コムのオリジナルグッズをプレゼントします。
こちらをクリックして投稿フォームへ別ウインドウで開きます

PR情報

このページのトップに戻る