現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグッズ

ネットで即日完売、いしだみつにゃんのモデルは誰?

2008年02月25日

 人気キャラクターひこにゃんで沸く滋賀県彦根市で、今度は戦国武将・石田三成をモデルにした「いしだみつにゃん」のぬいぐるみが新登場した。ネット販売分は即日完売し、市内で扱う店頭でも2月入荷の分は残りわずかという人気ぶりだ。

写真

新しく登場した3種類の「いしだみつにゃん」のぬいぐるみ

 「戦国」をテーマに街おこしを進めている花しょうぶ通り商店街にあるひこね街の駅「戦国丸」(電話0749・27・5058)が発注し、売り出した。昨年の彦根城築城400年祭の最終日に登場した着ぐるみの「みつにゃん」をぬいぐるみにしたもので、戦国丸では三成の家臣の島左近がモデルの「しまさこにゃん」に次ぐ第2弾。地元ラジオ局エフエムひこねのパーソナリティー山本ひまりさんがデザインした。

 特大(身長36センチ)は3200円、大(同24センチ)2千円、小(同12センチ)800円の3種類あり、それぞれポーズは違うが、かぶと姿や三成の旗印「大一大万大吉」は共通。立ち姿の大は文民派官僚だった三成らしく、刀でなく筆を手にしている。戦国丸など市内3カ所で販売している。

PR情報

このページのトップに戻る