現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミオススメ

オバマ効果、40億円 小浜市大喜び

2008年04月08日

 オバマ氏を「応援」した広告効果は40億円!! 米大統領選の民主党候補指名争いをめぐり、小浜市でわき起こった「オバマコール」の話題を取り上げたテレビ放映は、東京キー局だけで計80番組4時間半にのぼり、市名アピールに絶大な効果があったことがわかった。視聴率などを調べる調査会社「ニホンモニター」(東京)が、2月初めから約1カ月間の放映分を広告換算した。

写真

オバマ候補にエールを送る「オバマ候補を勝手に応援する会」のメンバーら

 市民らによる「オバマ候補を勝手に応援する会」が発足したのを機に放映が始まった2月4日から、テキサスやオハイオなど4州の予備選に合わせて「応援する会」が集会を開いた直後の3月9日までを調べた。対象はNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京のニュース番組で、計4時間26分44秒にも。同じ番組で数回取り上げるケースも多く、関心の高さを示した。

 広告換算金額は、各社の15秒スポットCM料金を元に計算。NHK分は日本テレビの料金を代用したという。ニホンモニターの担当者は「地方ネタでこれだけ取り上げられるのは珍しい」と驚く。メディア全体でみると、この間の「応援する会」への関連取材はざっと150件で、まだ増加中。村上利夫市長がこなしたインタビュー(一部電話含む)は39件にのぼる。

 めったにない市名のPR効果に小浜市は大喜び。担当者は「関西ローカル(局の放送分)や米国のテレビも入れると、単純に計算してみても倍以上の広告効果になるのでは」とニコニコ顔だ。

PR情報

この記事の関連情報

    このページのトップに戻る