現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミオススメ

山口県庁の堀に「人面魚」

2008年04月09日

 山口市滝町の県庁前の堀で「人面魚」が泳いでいる。黒と黄の模様が目鼻立ちのきりっとした人の顔に見える。県管財課の担当者は「まさに人面魚」と驚いている。

写真

中央の黒いコイが「人面魚」。口からえらにかけて眉毛のつり上がった人の顔に見える

 堀にはニシキゴイを中心に約300匹のコイがいる。下関市の水産大学校の酒井治己教授(魚類遺伝子学)は「金や銀の光りものに多く見られ、影の部分で顔に見えるだけ」。

 夜、人が近づいて照明を当てるとコイが集まるという。その中の1匹が「人面魚」だったら……。少し気味悪いが、そばの守衛所に詰める警備員は「別に怖くない」と苦笑した。

PR情報

この記事の関連情報

    このページのトップに戻る