現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミレジャー

ロンドンバス、乗車率7〜9割台 下関、GWに期待一層

2008年04月27日

 下関市で今月から土日祝日限定で運行が始まったロンドンバスは、各便の乗車率がおおむね7割〜9割台となっていることが分かった。13日にはエンジンの故障で4便が運休するトラブルに見舞われたが、市観光振興課は「順調な滑り出し。ゴールデンウイークもこの調子でいきたい」と期待している。

写真

JR下関駅前に停車中のロンドンバス=下関市

 同課によると、バスは5日の運行開始から計6日間で2458人が利用した。乗客63人の定員に対する乗車率は109%〜51%で、大半の便は70%〜90%超だった。

 エンジンが故障した13日午後はJR下関駅で動かなくなり、その後の4便が運休。乗車整理券を受け取っていた観光客ら127人が乗車できなかった。電気系統の故障が原因という。

 ロンドンバスは下関駅、唐戸、長府の関門海峡沿いを片道約25分で結び、1日8便を運行。始発は下関駅を午前9時50分発、最終は城下町長府を午後4時10分発。

 当日分の乗車整理券は、下関駅と唐戸で午前8時40分から、長府で同9時40分から配布。配布番号順の乗車となり、眺めの良い2階席(36席)から埋まっていくが、市の担当者は「なるべく満席にはしないよう配布数を制限しているので、整理券がなくても1階席なら乗れることもある」という。

 整理券配布は大型連休最終日の5月6日まで続ける。料金は駅から長府まで350円。唐戸まで190円。(河原一郎)

PR情報

このページのトップに戻る