現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミエンタメ

釣りバカ日誌、大分ロケが終了

2008年05月29日

 映画「釣りバカ日誌19」(松竹)の県内ロケが26日、大分空港(国東市)のホーバーフェリーなどでのロケで終了した。ハマちゃん役の西田敏行さんやヒロインの常盤貴子さんら出演者や撮影スタッフなど約70人は27日に帰京した。

写真

おなじみのハマちゃん役の西田敏行さんやスーさん役の三國連太郎さん、ヒロインの常盤貴子さん、恋人役の山本太郎さん、地元佐伯市出身の竹内力さんがロケに参加した=12日、佐伯市葛港

 ロケは11日から佐伯市で始まり、大分市や別府市、九重町などで順調に進められた。この間、応募した800人の中から選ばれた約120人のエキストラや、炊き出しなどで約100人のボランティアが撮影に協力した。

 同映画は今後、東京での室内撮影などを経て、6月初めに撮影が完了する予定。全国公開は10月中旬だが、県内では同月初旬から、先行ロードショーが行われる見込み。佐伯市では、それより早い9月中旬に上映される計画もある。

 同映画の「大分・佐伯ロケ支援委員会」(委員長、西嶋泰義佐伯市長)によると、今回の県内ロケの経費のうち約6千万円を県や関係市町、県内企業などが負担した。さらに、県や関係市町はロードショーのチケット3万枚(3千万円相当)を引き受けるという。

PR情報

このページのトップに戻る