現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミ

ウグイ、真っ赤な腹は旬の味の証し

2007年05月16日

 繁殖期のウグイが腹部を真っ赤に染める「アカハラ」が、今年も福島県下郷町を流れる阿賀川に現れ始めた。川沿いの料理店では、とれたてを姿焼きや素揚げなどで出し、旬の味を求める人々で連日にぎわっている。

写真腹部が赤く染まったウグイ「アカハラ」。焼くと鮮やかなオレンジ色に=下郷町で

 春から夏にかけて、雌雄共に腹部に鮮やかな赤い帯状の線が入るウグイは町の風物詩。町の川魚料理店「大川」では、囲炉裏でのアカハラの姿焼きが看板メニューだ。店主の平野旭さん(63)が毎朝、店のすぐ横の阿賀川で投網を打ち、新鮮な味を提供。週末には200匹を売り上げる。

 小ぶりでくさみがなく、骨ごと食べられる素揚げが一番人気。時折、卵を抱いたメスも交じる。漁の解禁が25日までなので、それまでの期間限定だ。平野さんは「本当の『旬』の味。地元の自然が詰まった味をぜひ試してみて」と話す。

PR情報

このページのトップに戻る