現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミ

「ヒゲ1枚」で1000円に割引 映画公開中

2007年06月07日

 「ヒゲ1枚」と申告すれば、1000円に割引。黒ヒゲのボラットが主人公の映画「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」の上映館が、一部で「ヒゲ割」を導入している。(アサヒ・コム編集部)

写真©2007 Twentieth Century Fox. 5月26日(土)より渋谷シネ・アミューズ他全国ロードショー
写真銀座駅地下通路に出現した「ヒゲ」ポスター。無料の付けひげは、あっという間になくなった=ギャガ・コミュニケーションズ提供

 「ヒゲ割」デーは、毎週月曜。自前ヒゲも付けヒゲも、男性も女性もOK。「無精ヒゲNG」と表記されているが、無精ヒゲも実はOK。東京の渋谷シネ・アミューズなど6館が対象だ。

 「ヒゲポスター」によるプロモーションのほか、ヒゲが大好きな男女のオープンコミュニティーサイト「ヒゲブンカ.com」とタイアップ。同サイトは、「ボラットヒゲ」コンテストを開催し盛り上げている。

 作品は、カザフスタンのテレビリポーター、ボラットが、アメリカにやってきて突撃インタビューする、というストーリー。偶然見た人気ドラマの女優に一目ぼれ、結婚するためニューヨークからロサンゼルスへ大陸横断しながらの珍道中。差別発言満載、痛烈な風刺が込められた映画だ。

 主演のサシャ・バロン・コーエンさんは、今年のゴールデン・グローブ賞でコメディー・ミュージカル部門主演男優賞を受賞した。

 コメディーだけど、難しい作品。宣伝のギャガ・コミュニケーションズは「キャッチーなヒゲをアイコン化」する戦略を立てた。ちなみに、ヒゲブンカ.comの運営会社はボラット氏のヒゲについて、「若者的にはオシャレじゃないけど、その人がこだわっていればオシャレ」とコメントしている。

 「ボラット」は、5月26日から渋谷シネ・アミューズほか全国ロードショーで公開中。

PR情報

このページのトップに戻る