現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミオススメ

「毛皮もNO!」 半裸の英国女性ら銀座で抗議

2007年06月15日

 東京・銀座に15日、「ウサギの虐殺者」と書かれたポスターを身にまとう、半裸の英国女性ら3人が突然現れた。前日の大阪での抗議行動に続くパフォーマンスだ。(アサヒ・コム編集部)

写真毛皮製品の不買を訴える動物愛護団体「PETA」のメンバーら=東京・銀座8丁目で
写真素足で信号をわたって練り歩く女性3人。「足、ちょっと熱い」
写真「動物への虐待を考えれば、この姿も恥ずかしくない」という
写真「ファーに背を向けよう」と、毛皮反対を訴える

 昼休み時の東京・銀座8丁目。有名ファッションブランド「BURBERRY銀座店」の前で、3人の女性は約20分間、「毛皮反対、いらない、ダサイ」と連呼しながら店に抗議した。他の10人ほどのメンバーらは「毛皮と毛皮製品にNO」と書いたチラシを配った。通りかかりの人たちは唖然としていた。

 近くにいた会社員の男性(28)は「抗議の仕方がナンセンス。私は買いますよ」と話しながら、視線は思わず彼女たちへ。「背中の方はどうなってるのかな?」

 3人は米国の動物愛護団体「PETA」のメンバー。動物を毛皮にするまでの扱いが非人道的だとしての抗議だという。

 メンバーの1人で大学生の女性(20)は半裸の姿になることについて、「動物が毛皮にされるつらさから比べれば、たいしたことではない」。この4カ月で8カ国をまわり、シンガポールでは強制退去させられ、現在も入国できないという。

 メンバーらは14日にも大阪のケンタッキーフライドチキンの店の前で不買を訴える示威行動をした。

PR情報

このページのトップに戻る