現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミ鉄道

「鉄系」集まれ、巨大商店街が尼崎に

2007年06月18日

 大型商業施設の1フロアをまるまる使った“鉄道ショッピングモール”が今年7月、兵庫・JR尼崎駅前の再開発街区「アミング潮江」にオープンする。鉄道模型や鉄道関連書籍・グッズの店舗のほか、大阪城や金閣寺、神戸ポートタワーなど関西の名所を配置した「レイアウト」(ジオラマ)は、広さ140平方メートルと「西日本最大」という。(アサヒ・コム編集部)

写真

ホビスタの館内イメージ。真ん中にあるのが巨大レイアウトだ。時計も鉄道スタイル=ミキシング提供

写真

銀座にある「バー銀座パノラマ」。カウンターの前にレイアウトがある。尼崎の店舗は現在、工事中だそうだ

 モールの正式名称は「ホビスタ」。施設を管理する商業施設開発会社ミキシング(本社・大阪市)によると、食品スーパーなどが入る「アミング潮江ウエスト2番館」3階に7月6日オープンを予定している。総合ホビー専門店の「タムタム」や、鉄道模型専門の「T.M.ステーション」など3店が出店。さらに、カウンター上を模型が走ることで鉄道ファンに知られる東京・銀座のバー「銀座パノラマ」が、銀座店と同じコンセプトで食事も楽しめる「ダイニングバー」を開く。

 フロア中央に配置される三角形のレイアウトは、長辺22メートルという巨大なもの。軌間(2本のレールの間隔)16.5ミリの「HOゲージ」で、新幹線のほか、阪急、京阪、山陽電鉄などの模型も走らせる予定。大型モニターからは、模型の先頭につけられた小型カメラからの映像が映し出される。「模型の電車に乗っているような感覚」が楽しめるという趣向だ。有料で持ち込んだ模型を走らせることもできるという。

 「銀座パノラマ」の服部智之総店長は「銀座の2倍以上の広さで、レイアウトも大きいものをつくっています。ぜひ寄ってください」と話している。

PR情報

このページのトップに戻る