現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

セカンドライフに鉄道建設 駅前一等地に企業誘致

2007年08月10日

 ネット上の仮想世界「セカンドライフ」内で、広大な土地に鉄道を敷いて、駅前に企業を誘致する――そんな現実の鉄道会社と同じビジネスモデルを進めるITベンチャーが現れた。(アサヒ・コム編集部)

写真これがセカンドライフ内鉄道だ
写真これが電車の車両。椅子は自然に窓のほうをむくロングシートを採用。前面の「かぶりつき」も楽しそうだ
写真駅のホームに入ってくる電車。ホームには点字ブロックまで再現されている
写真本物さながらの改札口。ただし、電車利用者から「運賃」を取る考えはないという
写真発車案内の電光掲示板も、きっちり再現されている。乗るのが楽しみだ

 東京・四谷のマンションの一室にあるメルティングドッツ。昨年11月に、セカンドライフなどの仮想世界への参入支援事業をするベンチャーとして設立。社員は8人。12畳ほどの部屋は机とマシンでぎっしりだ。そんな空間で壮大な構想が進む。鉄道の建設だ。

 同社はすでに、セカンドライフ上の広大な土地を確保。そこに、鉄道路線を2本、南北と東西の十字に走らせ、駅を等間隔に設置する。駅は、ほぼ現実の鉄道駅を再現。改札口やプラットホームもあり、走っている電車に乗って、好きな駅で降りることもできる。

 駅の周辺は、公共エリアと企業誘致エリアに分けて、後者では企業が自由に建物を建てられるようにする。

 そもそも、セカンドライフ内の人物には、テレポート(瞬間移動)の機能があり、交通機関がなくてもユーザーはどこでも好きなところに瞬時に行ける。なぜ、鉄道なのか。

 「セカンドライフの魅力は、自分の足で歩いて面白いものを偶然見つけるところ。瞬間移動では、それができない。電車に乗って、車窓を見ながら、目に入った面白そうな場所で降りる。そんな楽しみを広げたい」(広報)

 進出する企業側にも、まったく孤立した場所に社屋などをつくるより、すでに日本人がたくさん集まっている場所に進出した方が、集客しやすいというメリットがある。

 「土地の提供価格は、市場原理で決まる予定です。たとえば二つの路線が交わるターミナル駅の駅前や、中心地に近い駅の周辺は、土地の価格が上がるということはあるでしょうね」(同)

 まさに、現実世界での私鉄のビジネスモデルそのものだ。

 同社は、「駅前」の情報を網羅する情報誌「Walker」シリーズをもつ角川書店グループの角川デジックスと、7月末に有限責任事業組合をつくった。この広大な空間を共同運営する予定だが、オープンの時期はまだ未定だという。

PR情報

このページのトップに戻る