現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

「熱中症」携帯にメールで危険度通知 利用者うなぎ登り

2007年08月17日

 猛暑が続き、熱中症になる危険度を携帯メールで知らせる気象情報会社ウェザーニューズ(本社・東京都港区)のサービス利用者が、開始早々うなぎ登りで増えている。

写真

携帯メールで届く「熱中症アラーム」。危険度と対応策を知らせる

 「要望が多かった」といい、今月10日に始めたばかり。利用者は1日100人単位で増えており、6000人を超えた。学校の部活など運動をする人、子供や高齢者を家族に持つ人、レジャーに出かける人など様々だ。

 同社のインターネットサイトで熱中症の危険度を知りたい場所を登録。気温と湿度、風速を基準に警戒レベル、厳重警戒レベル、運動中止レベルの3段階に危険度を分け、アラームメールが送られてくる。

 一番軽い「警戒レベル」の条件は気温が28〜30度で湿度50%以上、風速6メートル以下。「水分補給を積極的にしましょう」などアドバイスも同時に知らせる。配信時間や曜日なども個人で細かく設定できる。

 熱中症のなりやすさは人によって異なるため、将来は利用者の年齢や職業、体調なども条件に盛り込み、危険度を知らせる予定だ。

 「天候によっては9月中旬ごろまで熱中症の危険性はあります」と、同社の気象予報士喜田勝さんは話している。

 利用料は月額315円。問い合わせは同社本部(043・299・2424)へ。

PR情報

このページのトップに戻る