現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミレジャー

ヤブイヌの赤ちゃん公開 横浜・ズーラシア

2007年08月26日

 神奈川県横浜市旭区のよこはま動物園ズーラシアで、南米の森林などに生息するヤブイヌの赤ちゃん5頭が公開されている。親の後を追いかけて走ったり、水につかって遊んだりする姿を見ることができる。

写真

展示場のプールで遊ぶヤブイヌの親子=横浜市旭区のズーラシアで

 ズーラシアによると、ヤブイヌは原始的な犬の仲間と言われており、やぶで生活することが名前の由来。5月に生まれた雌3頭、雄2頭の赤ちゃんたちは現在、体長30センチ、体重2キロほど。約1年半で成獣となって、体長55〜75センチ、体重5〜7キロ程度になるという。

 05、06年に続く繁殖で、飼育頭数は18頭に。公開は午前11時半から午後1時半。

 ズーラシアは8月中、土日の開園時間を通常の午後4時半から午後8時半まで延長しており(入園は午後7時まで)、夜行性のトラやライオンが活発に動く様子も見ることができる。

PR情報

このページのトップに戻る