現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミエンタメ

チェコアニメの鬼才、原宿で展覧会

2007年09月02日

 骸骨(がいこつ)や剥製(はくせい)のオブジェ。袋の奥に手を突っ込み触って鑑賞する「肖像画」。チェコのシュールリアリスト、シュヴァンクマイエル夫妻の怪奇と幻想に満ちた展覧会が、東京・原宿で開催中だ。(アサヒ・コム編集部)

写真

シュヴァンクマイエル映画では、人形や臓物がこま撮りアニメで動き、実写の人物と組み合わされることが多い。これは映画「アリス」で使われた人形

写真

マニエリスムの画家アルチンボルドに触発された作品のコーナー。貝を集めて人の顔に

写真

エヴァ作 「判じ絵」no.2「人民が自らの手に平和をおさめるとき、平和が保たれる」(スターリン)

写真

映画「悦楽共犯者」の人形。等身大で、迫力も不気味さも強烈だ

写真

ヤン作「新古典主義(マリオネット)」

写真

ヤン作 「人間椅子」のイラスト

写真

エヴァ作 「母なる自然」(エロスとタナトスシリーズ)

 ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6階)で9月12日まで開催中の「ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展〜アリス、あるいは快楽原則〜」。40年以上に及ぶ芸術活動から生まれた絵画や造形など、約200点が並ぶ。

 原宿らしく、入場者はおしゃれな装いの若い女性が多い。魚に手足やしっぽが生えた博物画タッチの絵や、貝を組み合わせて人の顔に見立てたオブジェなどを見て、「キモチ悪いけどかわいいね」と、女性2人組。いま流行のキモカワ?

 のし棒やイスに羽や指サックやブラシの毛を植えた作品など、「触ったらどんな感じ?」と思わせる作品が多い。「触覚による肖像」という作品は、パネルから垂れ下がる黒い袋の奥に、女性の肖像が隠れている。こわごわ手を突っ込むと、これは革の房? これはゴムのでこぼこ? ボタン? 思わずいじくりまわしてしまう。

 江戸川乱歩の「人間椅子」に触発された展示も。ヤンによれば、「それぞれの国にはそれぞれのE・A・ポーがいる。フランスにはリラダン、ドイツにはE・T・A・ホフマン、日本には乱歩」。黒いイスに写真の手や目をはり付けたイラスト連作で、映像化の構想もあると言う。

 ヤンは「アリス」「悦楽共犯者」など、独特の悪夢的世界を描く映画監督として日本でも人気が高い。妻エヴァは映画で美術と衣装を担当していたが、05年に65歳で亡くなった。

 会場には、性と夢をテーマとした絵画などエヴァ作品も多数展示。「ご覧になった方はどうか、エヴァのことを覚えておいてほしい」と、開催に合わせ来日したヤンは話した。

 入場料は一般800円、学生600円。小学生以下無料。

PR情報

このページのトップに戻る