現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミエンタメ

松田翔太、新垣結衣が映画「ワルボロ」の舞台あいさつ

2007年09月08日

 ドラマや映画で人気の松田翔太、CMで話題の新垣結衣らが出演した映画「ワルボロ」(隅田靖監督)が8日公開され、舞台あいさつが東京都内であった。(アサヒ・コム編集部)

写真

「楽しい現場でした」と話していた、新垣結衣さんと松田翔太さん

写真

「主演ということは意識しなかった」と松田翔太さん

写真

「映画のメイキングビデオに映るのも楽しかった」と話す新垣結衣さん

写真

「みんながスクリーンをはみ出すくらい元気な映画になった」と隅田監督

写真

大ヒットを祈念して、ファンと一緒に全員で「オー!」

 ゲッツ板谷の同名小説が原作。80年代初めの東京都立川市を舞台に、やんちゃな中学生らが全力で思春期を過ごす姿を描いた映画だ。

 勉強一筋のまじめ中学生からヤンキーに転身する主人公のコーちゃんを松田が、ちょっと気になる隣の席の女の子役を映画初出演の新垣が演じた。

 松田は「今回は刹那(せつな)主義がテーマ」と語り、一発撮りでライブ感覚を出したかったという。「男子はみんな仲がいいと思った。控室でもどこでも、みんな一緒で、とても楽しそうだった」と新垣。

 「型にはめたくなかったので自由にやってもらった。それがそのままスクリーンに出ている。うまくいった」と最後に隅田監督が語った。

PR情報

このページのトップに戻る