現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミレジャー

「アキバ」に新人気店 外国人も萌え 

2007年09月11日

 「萌(も)え文化」を世界に発信する東京・秋葉原に、外国人にも人気の店がある。アキバ土産から、メード「なりきり体験」まで用意。さて一番の売れ筋は?(アサヒ・コム編集部)

写真

メード服姿のさくらさん、人気の「メイド倶楽部」オリジナルクッキーを手に

写真

ギャルソン姿の店員向日葵さん(左)とメード服姿の店員さくらさん(右)

写真

お土産一番人気の「メイド倶楽部」オリジナルクッキー(500円)

写真

ケース買いする人も多いという秋葉が生んだ人気商品「おでん缶」(1缶220円)も販売されている。

写真

本格派の栗らくがん(200円)

 店の名は「メイド倶楽部」、今年5月にオープンした。

 メード服姿やギャルソン風の店員が出迎える。店内には、秋葉原でヒットした名物「おでん缶」のほか、メード服やアニメのキャラクター服などのコスチューム、フィギュア、キャラクター商品といった秋葉原らしい商品約3000点が、所狭しと並べられている。

 一番の売れ筋は、同店オリジナルのクッキー(500円)。「おでん缶」や「らーめん缶」は、同僚に配るためにケース買いをしていく人も多いという。「萌え系」女の子のイラストが印刷されたパッケージの「栗らくがん」も、よく売れる。関係者に栗菓子屋がいたこともあり、味も本格的だ。

 今年5月、徐々に品ぞろえをしていくためにプレオープンして以降、口コミなどで知られるようになり、今では1日150〜300人が来店する。その7割が女性で、リピーターも少なくない。

 外国人観光客も訪れる街だけに、浴衣や法被といった日本らしい土産も売れる。

 「萌える部屋」と名付けた一室でメードなどのコスチュームに着替えて、店内で写真撮影ができる(1000円〜)。1時間1500円で、その格好のまま店の近くを歩くこともできる。

 メード姿が一番人気で、家族3人がおそろいで写真撮影したこともある。この「なりきり体験」は女性限定。男性向けには、店員と一緒に写真が撮れるサービス(1000円〜)がある。

 店は年中無休で、午前11時から午後8時まで営業している。JR秋葉原駅の電気街口から徒歩1分の外神田1―4―11にあるビルの3階。

PR情報

このページのトップに戻る