現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミオススメ

薄毛に悩む人の7割は2、30代 健康的な人が多い

2007年10月18日

 薄毛に悩む人の72%は若年層で、健康的な人が多い――。10月20日の「頭髪の日」を前に、城西クリニック(東京都新宿区)が、調査結果を発表した。(アサヒ・コム編集部)

写真

薄毛の状況を診断するために使われるハミルトン・ノーウッドの分類図の一部=いずれも城西クリニック提供

写真

薄毛に悩む若年層が年々、増えているという

 1月から8月まで来院者にアンケートして、男女1587人から有効回答を得た。

 来院者を年齢別に見ると、「25歳〜29歳」が22%、「30歳〜34歳」が21%と多かった。以下、「20歳〜24歳」(14%)、「35歳〜39歳」(15%)の順。2、30代が全体の72%を占めた。40代は16%だった。

 健康的な生活をしている人に意外と、薄毛の悩みを抱えている人が多いこともわかった。

 6時間以上の睡眠をとっている人が半数を超え、3人に2人は「規則正しく食事をとっている」と答えた。非喫煙者は73%で、「運動している」人は46%だった。肥満度を表すBMI値では、標準体形と言われる「20〜25」の人が7割を占めた。

 ヘアケア対策として「育毛剤を使用をしている」人は66%いたが、洗髪時に「コンディショナーを使う」のは39%にとどまった。コンディショナーを敬遠する理由として、髪にボリュームがなくなり、地肌が目立つと考える人が多いという。

 同院の小林一広院長は「若年層は年齢と見た目のギャップが気になり、深刻に悩んでしまうことが多い。遺伝的な要因は大きいと言わざるを得ないが、そのことが不安を駆り立ててしまう。将来的な不安から、早めに治療を望む人が年々増えている」と話した。

   ◇

 NPO法人・日本自毛植毛センターが05年にまとめたアンケートでは、「薄毛でかっこいい有名人」の一位はタレントの所ジョージさんと俳優の竹中直人さんで、次いで俳優のショーン・コネリーさんだった。

PR情報

このページのトップに戻る