現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグルメ

ハバネロを超えた辛さ、ジョロキアを完食できるか

2007年10月31日

 東ハトは29日から全国のコンビニで、辛さがパワーアップした激辛スナックの発売を始めた。サントリーは、東ハトと共同企画したハバネロ入りのスープ飲料「暴君ハバネロの旨スープ」(190グラム缶、税込み120円)を、11月6日からスーパーやコンビニで発売する。(アサヒ・コム編集部)

写真

世界一辛いトウガラシ「バフット・ジョロキア」が入った激辛スナック「大魔王ジョロキア」

写真

東ハトが発売した激辛スナック「大魔王ジョロキア」(右)と「超暴君ハバネロ 辛さ2.0倍」

写真

サントリーのハバネロ入りスープ飲料「暴君ハバネロの旨スープ」。11月6日から発売

 東ハトの激辛スナックは、「大魔王ジョロキア」と「超暴君ハバネロ 辛さ2.0倍」(どちらもオープン価格)。03年11月に売り出した「暴君ハバネロ」の発売4周年を記念して作られた。

 「ジョロキア」は、酸味のあるチリソース味で、レモングラスが隠し味。辛さのもとには、インド北東部アッサム地方原産のトウガラシ、バフット・ジョロキアが使われている。現地で「幽霊のトウガラシ」とも言われ、ハバネロの2倍以上の辛さがあり、06年秋には、ギネスに認定された。

 「超暴君」は、「暴君」よりハバネロの量を2倍にした。コンソメ味で、黒コショウによって辛さが一段と引き出されるという。

 「旨スープ」は、トマトやオニオン、チキンなどを煮込んだスープに、ハバネロが加えられている。

あなたの口コミ募集中!

教えて下さい。おすすめランチの店
首都圏にあるランチを食べられる店を教えて下さい。たとえば、6人以上が1つのテーブルなど一堂に会することができる▽野菜たっぷりのランチがある▽有機素材の使用など、安全・健康を考えたランチがある▽時間がないとき、すばやく食べられるランチがある、といった店。投稿をもとに編集部が取材します。抽選でアサヒ・コムのオリジナルグッズをプレゼントします。
こちらをクリックして投稿フォームへ別ウインドウで開きます

PR情報

このページのトップに戻る